1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 2014年秋学期 コンファレンス・ライティング

2014年秋学期 コンファレンス・ライティング

English (TOYO Global RDS)

2014年秋学期 コンファレンス・ライティング

開講日:2014年10月13日~2015年1月20日
担当講師:イヴァン・ボテフ、ジョナサン・ブラウン
受講者数:64名(1年生20名、2年生28名、3年生16名)

【担当講師からのメッセージ】

Fall 2014 marked the Language Centers’ fourth consecutive semester in operation. Our Conference Writing program has been very popular and many students have benefited and seen great improvements in their English language skills, especially writing skills. One student, Wang Lujun, completed Module 6, the final module in the Conference Writing program. Lujun has spoken highly of Conference Writing and claims the program has not only helped her improve her writing skills but also her research skills. This is, in fact, the goal of Conference Writing. Students who work their way through all six modules of the program should notice significant improvements in their writing and research which will help them as they tackle the difficult task of completing their graduation papers as seniors. We hope any student interested in improving their English language skills, their writing, and their research, will take advantage of the wonderful opportunity offered to them through Conference Writing at the Language Center.

2014年秋学期 コンファレンス・ライティング

Jonathan Brown (Lecturer, Department of International Tourism)


2014年秋学期、コンファレンス・ライティング開講4期目となりました。コンファレンス・ライティングは学生に人気のプログラムで、多くの学生がプログラムを通じてアカデミックライティングを中心に英語能力を飛躍的に伸ばしています。今学期の特筆事項は、開講以来初めて国際地域学部国際地域学科3年オウルウジュンさんが最後の学習段階であるModule6を修了したことです。オウさんはこのプログラムについて、単にライティングスキル向上だけではなく、リサーチスキルを習得することができたと振り返ります。それこそまさしくコンファレンス・ライティングの学習目的です。全ての6 Module を修了することで、英語での卒業論文執筆に必要なライティングスキルとリサーチスキル両方を身に付けることができます。

英語が上手くなりたい、ライティングを向上させたい、英語で論文を書けるようになりたいという学生は、ランゲージセンターのコンファレンス・ライティングの受講をお勧めします。


 ジョナサン・ブラウン(国際地域学部国際観光学科 講師)