1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔国際地域学科〕チェンマイ大学(タイ)訪問団特別講義を実施

〔国際地域学科〕チェンマイ大学(タイ)訪問団特別講義を実施

English (TOYO Global RDS)

2014年11月19日(水)、本学の協定校であるタイ王国のチェンマイ大学より、教員・学生合計31名の訪問団が来校し、特別講義 “Wrapping and Folding in Japanese Culture” (国際地域学科国際地域学科講師 村田由美恵)を行いました。

集合写真

金封、ふくさ、風呂敷、包装紙…日本の生活には「包む」ものが数多くあります。
どんな時、何のために包むのか、包むことによって何を表しているのかについて、スライドで例を見ながら解説しました。

その後、日常生活に役立つ風呂敷の使い方を実演し、チェンマイ大学の皆さんも、風呂敷包みやバンダナ包みに挑戦しました。

チエンマイ大学特別講義1 チエンマイ大学特別講義2

また、日本の生活は何でも簡単に折り畳める「折り畳みグッズ」であふれています。
折り畳める品物の多様さ、折り紙の歴史、紙を愛する日本人の心から、折り紙を究めた幾何学的話題まで、幅広く取り扱った1時間半でした。

チェンマイ大学の皆さんは、初めて来日する方も多く、熱心に受講していました。

チエンマイ大学特別講義3 チエンマイ大学特別講義4