1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 英語スピーチコンテスト2014を開催しました

英語スピーチコンテスト2014を開催しました

English (TOYO Global RDS)

2014年11月27日、白山キャンパスで、国際地域学部主催の英語スピーチコンテストを開催しました。
8回目を迎える今年は、初めて全学部の学生対象に参加者を募集し、国際地域学部の他、文学部、経済学部、法学部、理工学部、総合情報学部、食環境科学部の7学部より、計33名の学生が参加しました。

英語スピーチコンテスト集合写真

予選大会は3つの教室で実施され、異なる学部・学科の英語教員が審査員を務めました。

初めてスピーチコンテストに参加した学生も多く緊張感が漂う中、参加者はこれまでの練習の成果を披露しました。
スピーチのテーマも様々で、お互いの発表に大いに刺激を受けたようです。

全ての発表後、審査員を務めた先生方は参加者たちのスピーチとこれまでの努力を称賛し、一人ひとりに参加証書が授与されました。
そして各教室上位3名、合計9名が決勝大会へ進みました。

2014スピーチコンテスト@125記念ホール 司会協力Crossroads

決勝大会は125記念ホールで実施され、多くの学生と教員が観覧しました。
最初に国際地域学部国際地域学科ロバート・ヒューズ准教授と、国際観光学科グライアム・ロブソン准教授よりコンテストの説明及び審査員を務める3名のSCAT(Special Course in Advanced TOEFL)講師の紹介がありました。

予選大会、決勝大会ともに司会進行は全て英語サークルCrossroadの学生メンバーが担当し、大会を盛り上ました。

9名のファイナリストは皆自信と熱意を持って、ジェスチャーや声のトーンを効果的に使い分けながら観客を魅了しました。

その中で最後に披露した、国際地域学部国際地域学科2年の陳天義さんが優勝しました。
陳さんは昨年度に引き続きファイナリストに選ばれ、今年が2回目の挑戦でした。
審査員はどのスピーチもどれも素晴らしく、審査をするのが大変難しかったと講評で述べられました。

表彰式の様子 入賞者

表彰式では、国際地域学部 藤井敏信学部長より入賞者に賞状が授与され、会場にいた全員が参加者に温かい拍手を送りました。

今年のスピーチコンテストは、学部を越えて英語力向上を志す学生が交流する大変貴重な機会となりました。
来年は更に多くの学部の学生が参加することが期待されます。

担当教員からのメッセージ

グライアム・ロブソン准教授今年は昨年度までとは違って、国際地域学部とその他の学生の参加者を迎えることができ大変光栄でした。

予選大会、決勝大会ともに素晴らしいスピーチを聴くことができました。
皆思い思い観客に訴えかけるスピーチを披露しました。

東洋大学全学での初めてのスピーチコンテストは、英語を学ぶ意欲的な学生が集まる貴重な機会となりました。

今年は参加せず観覧していた学生も、来年は是非挑戦して自分の主張を述べて欲しいと思います。

最後にこのコンテストを成功に導いてくれた観客の皆さん、学生、指導教員、審査員、スタッフ全ての方々に御礼申し上げます。

国際地域学部国際観光学科 准教授 グライアム・ロブソン(Graham Robson)
 

審査員

<SCAT講師>

審査員:SCAT講師
アンドリュー・ハッカースミス 
ジェニファー・ホーンベイカー
サマンサ・グリーン

入賞者

上位入賞者のスピーチ動画はこちら

<1位>

第1位:陳天義さん
陳 天義
国際地域学部国際地域学科 2年
“Our future : The war between the reality and our dreams”

<2位>

第2位:斉田直人さん
斉田 直人
総合情報学部総合情報学科 4年
“Japanese Villages: Stay original, Stay different”

<3位>

第3位:川越貴水さん
川越 貴水
理工学部都市環境デザイン学科 2年
“Our Shining Power”

<入賞>

  • 岡部里奈(国際地域学部国際地域学科 1年) “The Sounds Around Us” 
  • 稲子きよみ(国際地域学部国際地域学科 1年)“Educational environment in Japan” 
  • 儀保沙保里(経済学部国際経済学科 1年)“Going green is everybody's business”
  • 村瀬晴奈(国際地域学部国際地域学科 1年) “What is Connection?”
  • 伊藤恵美子(文学部英語コミュニケーション学科 2年) “A Multicultural Map”
  • 和田諒平(理工学部電気電子情報工学科 2年) “Why Must We Learn about the War?”