1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】2014年度夏季サウスウエスタン大学(フィリピン)研修報告

【海外国際地域学研修】2014年度夏季サウスウエスタン大学(フィリピン)研修報告

English (TOYO Global RDS)

English


Bohol Trip Grp Shotre2014年8月14日から9月10日までの4週間、フィリピン共和国セブ島のサウスウエスタン大学(SWU)で海外国際地域学研修を実施しました。
国際地域学部国際地域学科(イブニングコースを含む)、国際観光学科の学生26名が参加しました。

海外国際地域学研修では、現地での学習をより効果的なものにするため、事前研修を重視しています。
今年度のSWU研修では5回の事前研修が行われ、フィリピンとセブの歴史、文化、経済、食べ物、人々について学び、懇親会などを通して参加者同士の親睦を深めました。
また、研修ではEポートフォリオ(ToyoRDS folio)を活用しており、積極的に情報交換や意見交換を行いました。

さらに、現地で披露するダンスの練習や、研修先での英語クラスを決めるためのプレイスメントテストなど、準備をして海外研修に臨みました。

成田空港からセブ島までの直行便は毎日2便が運航されています。今回は夕方に日本を出発し、夜中にマクタン空港に到着しました。
深夜の到着にもかかわらず、空港ではSWUの学生が私たちを出迎えてくれました。予想しなかった歓迎に驚き、感動しました。ホテルの部屋に着いた時には、すでに2時近くになっていました。

次の日の授業後、ミネラルウォーター等を買いにセブで初めての買い物に行ったところ、大雨が降ってきました。ずぶ濡れになりながら雨の中歩いて帰ることになりましたが、この出来事がより一層学生たちの距離を縮めました。

セブとマクタンでの慌しい最初の週末を終え、SWUでの英語学習が始まりました。
学生たちは2クラスに分かれ、月曜日から金曜日までの午前中、熱心な先生方の英語の授業を受けました。
月・水・金曜日の午後には、SWUの学生が練習につき合ってくれ、交流を深めることができました。火曜日と木曜日の午後はフィールドトリップに出かけたり、文化や歴史についての講義を受けました。

8月22日にはNGO団体「Christ for Asia」が支援する児童施設を訪れました。子供たちは歌や踊りで私たちを歓迎してくれました。
東洋大学生は、練習してきたダンスを披露したり、子供たちにピザを振る舞ったりし、仲良くなって楽しく過ごすことができました。

SWU in class CFa playing with kids

土曜日は、希望する学生が集まりグアダルーペの町並みを見学しました。そこで地主や不法居住者の暮らし、最近できた不法住居エリアの様子などを見て回りました。家の大きさや外観などから、社会経済格差を感じ取ることが出来ました。
夜は全員でAyalaショッピングモールへ行き、中にあるレストラン「Canvas」で夕食をとりました。

日曜日には、マクタンにある有名な5つ星リゾートホテル「Plantation Bay」に行きました。
ここは広大なウォーターエリアが有名です。一日利用券を使ってプールやウォータースライダーの他、様々なアクアスポーツを楽しみました。

Plantation Bay Resort Community Walking

研修3週目には、スポーツとエクササイズのクラスを受講しました。
講師の真似をしながらヒップホップダンスを練習しましたが、講師のダンスはセクシーかつ動きが速く、殆どの学生はついていくのが大変だったようです。それでも一生懸命に踊っていました。
バスケットボールの試合もしました。フィリピンにはバスケットボールファンが多いのですが、意外にも東洋大学の男子学生チームが勝利し、盛り上がりました。その他にも、皆が簡単に参加できるスポーツを行い、汗を流しました。
研修も3週目に入り学生たちに疲れが見え始めたところで、このようなスポーツクラスに参加し体を動かすことで、よい気分転換になりました。

最後の週末はボホール島での旅行を楽しみました。
土曜日の朝早く、高速旅客船に乗りボホール島へ向かいました。ロボクリバークルーズ船上で昼食をとった後、チョコレート・ヒルズで素晴らしい景色を楽しみました。途中でメガネザルにも会いに行きました。
その日は「Alona Kew Beach Resort」に宿泊し、海風吹く夜を満喫しました。

Bohol lunchboat Bohol Tarsier realre

日曜日は午前4時半に朝食を取り、ドルフィンツアーに出かけました。幸運にもドルフィンの群れに遭遇することができましたが、あっという間に見えなくなってしまいました。
ボートで近くのスノーケリングで有名な島まで行き、学生たちはマスクとシュノーケルを付け、海中散策を楽しみました。

最後の月曜日には、SWUで素晴らしいセレモニーが催されました。学生はとても複雑な心境だったはずです。これで研修も終わり、日本に帰国する準備を始めなければなりません。
SWUの学生が私達のために踊ってくれ、東洋大学生も加わって一緒に踊りました。そして次に東洋大学生が、これまでずっと練習してきたダンスを披露しました。
セレモニーはとても盛り上がり、3週間の研修の締めくくりにふさわしいイベントになりました。

SWU Dance 1 SWU Dance 2

火曜日の夜、研修でお世話になった先生方やチューターに、感謝の意を伝えるための「”Thank You”パーティ」を開催し、最後に全員で記念写真を撮影しました。

Coral Messagere Culmination Ceremony in costume

ロバート ヒューズ(国際地域学部国際地域学科 准教授)
小早川 裕子(国際地域学部国際地域学科 講師)