1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】チュラロンコン大学(タイ)研修を実施中

【海外国際地域学研修】チュラロンコン大学(タイ)研修を実施中

English (TOYO Global RDS)

国際地域学部では、2014年8月31日から9月13日まで約2週間の日程で、チュラロンコン大学(タイ)での専門研修を実施しています。
昨年度の同研修が、現地の政情不安により見合わせられたこともあり、今年度のチュラロンコン大学研修には学生からの意欲的な参加希望がありました。今回の研修には、国際地域学部の1、2年生 22名が参加しています。

チュラロンコン大学研修(集合写真)

8月31日、タイ・バンコクに到着すると、現地で研修を受け入れてくださるチュラロンコン大学の方々と、東洋大学国際地域学部の海外拠点であるRDS Bangkok Officeのスタッフに迎えられ、オープニングセッションが行われました。

研修初日はチュラロンコン大学にてタイの歴史や文化、コミュニティ開発、Community Based Tourismについての講義がありました。また、チュラロンコン大学の学生とのキャンパスツアーやコミュケーションのセッションを行いました。

チュラロンコン大学研修(オープニングセッション) チュラロンコン大学研修(挨拶)

翌日の9月1日、フィールドトリップに出発しました。
まずはバンコクから南へ約300キロ移動し、プラチュアップキリカーンの農村開発を視察しました。学生らは豊かな果樹園や天然ゴムの製造工場などを見学し、製造過程や輸出の仕組みなどについて学びました。

翌日にはさらに300キロ南下し、スラータニー県へ。農村コミュニティにおいて、セービング活動、ムエタイボクシング文化保全活動、伝統的なシルクの織物、コミュニティマッピングという4つのテーマに沿ってフィールド調査を行いました。

チュラロンコン大学研修(天然ゴム製造工場) チュラロンコン大学研修(フィールド調査) 

参加学生達はそれぞれのコミュニティの特性を肌で感じ、タイの文化への理解を深め、今回の研修の目的である農村社会の課題、地域振興・観光振興について積極的に学んでいます。


川澄 厚志(国際地域学部国際地域学科 特任講師)