1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 2014年春学期 コンファレンス・ライティング

2014年春学期 コンファレンス・ライティング

English (TOYO Global RDS)

2014年春学期 コンファレンス・ライティング

開講日:2014年4月21日~2014年7月15日
担当講師:イヴァン・ボテフ、ジョナサン・ブラウン
受講者数:74名(2年生42名、3年生25名、4年生7名)

【担当講師からのメッセージ】

We, at the Language Center of the Faculty of Regional Development Studies, are happy to report the end of another successful term for our students and for us. In the Spring 2014 semester we offered all available modules with the exception of Module 6. Modules 1 and 2 continued providing students with assistance in basic writing skills in the narration, description, definition and process genres. Modules 3 and 4 were offered for the first time and they included further instruction in the following genres: comparative and contrastive analysis, cause and effect and classification. It was also the first time Module 5 was offered and it was designed especially for students preparing to study abroad and others ready to write academic essays in genres such as argumentation and problem and solution. We saw our students dispersed in all of the five modules, where they showed motivation, creativity and discipline.

Faculty and staff were both happy and sad to send a group of students on long-term study abroad courses in universities all over the world. Most of them have been participating in courses we offer since the very opening of the Center. We know that they will return with more and improved language and communication skills and look forward to seeing them at Toyo University again.

 ランゲージセンター講師

Ivan Botev (Lecturer, Department of Regional Development Studies)


2014年度春学期もまた、ランゲージセンターのコンファレンス・ライティングにおいて、充実した活動を報告できることを嬉しく思います。6段階あるカリキュラムの中で、今学期はModule6を除いた1から5までのModuleを指導しました。

昨年度開始したModule1(narration, description)とModule2(definition and process) では、基本的なライティングについて学びます。今回は新たに更に高度な内容のModule3(comparative and contrastive analysis)とModule4(cause and effect and classification)が加わりました。またModule5(argumentation and problem and solution)は、長期留学へ出発する学生やアカデミックライティングスキルを十分に身に付けた受講生のための学習Moduleです。受講生はそれぞれの学習Moduleで、意欲的に取り組み、学習成果を残しました。

ランゲージセンター開設当初から指導してきた多くの受講生が、この夏、長期留学に世界各地へ出発します。国際地域学部にとっては喜ばしいことですが、同時に寂しくもあります。彼らが留学先で更に能力に磨きをかけ、東洋大学へ戻ってくることを楽しみにしています。


イヴァン・ボテフ(国際地域学部国際地域学科 講師)