1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】建国大学(韓国)研修を実施中

【海外国際地域学研修】建国大学(韓国)研修を実施中

English (TOYO Global RDS)

国際地域学部では2014年8月17日(日)から2週間の日程で、海外国際地域学研修の一つとして韓国のソウルにある建国大学で研修を実施しており、国際地域学部の1年生8名が参加しています。

2014建国大学研修

本研修では、ソウルのみならず、近年国際都市として成長している仁川の松島でもフィールドワーク調査を行い、各都市成長プロセスや今後の発展について学習します。
さらに、より具体的な問題意識を持って主体的・積極的にフィールドワークに臨めるように、建国大学において、韓国語を含む韓国の文化や住宅事情等に関する専門的知識についての特別講義を受講します。 

研修の初日には、学生が2週間生活する建国大学内の学生寮の部屋割りを行い、2日目にはオリエンテーションやキャンパスツアー、韓国語講義の後、建国大学の学生チューターによる歓迎会に参加し、交流を図りました。

韓国語の講義

3日目である8月19日の研修では、2012年に新しく開館したソウル市庁にて「ソウルの成長と管理」というテーマで特別講義を受けた後、ソウル市庁ツアーや市庁周辺のフィールドワークを行いました。

ソウル市庁ツアー、特別講義1 ソウル市庁ツアー、特別講義2

また、2泊3日で江原道へ行ったフィールドトリップでは、ソウルとは違った韓国の地方都市の生活や食文化を垣間みることができました。

フィールドトリップ1 フィールドトリップ2

研修の後半では、韓国語の講義のほか、韓国の都市開発や低所得層の住宅問題等について特別講義を受講した後、フィールドワークでは実際に各地域のNGO団体や研究院を訪問し、地域住民や専門家とコミュニケーションを取りながら実証的な調査を行う予定です。

そして、研修の最終日には研修の集大成として今回の研修で学んだこと、感じたことについて発表を行います。

 

(国際地域学部国際観光学科助教 金承珠)