1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔特別講座〕 2014 Pre-Study Abroad Program(長期留学出発直前対策講座)を開講しました

〔特別講座〕 2014 Pre-Study Abroad Program(長期留学出発直前対策講座)を開講しました

English (TOYO Global RDS)

2014 Pre-Study Abroad Programを開講しました

2014年7月31日~8月5日(5日間)、この夏から交換・長期留学へ出発する学生対象に出発直前対策講座「Pre-Study Abroad Program」を開講しました。

初日の7月31日は、1年間の留学を終えて帰国した学生4名による英語でのプレゼンテーションが行われました。留学先での生活や、授業の様子などについてアドバイスを交えながら報告しました。
この日はPSAプログラムの受講生だけではなく、留学を希望する1、2年生も特別聴講生として参加し、熱心に話を聞く姿が見られました。
これから出発を控えている学生は、プレゼンテーション終了後の交流会でも個別に質問をするなど、積極的に先輩の話を聞いていました。

帰国者によるプレゼンの様子 PSA初日ピザパーティ

プログラム2日目以降は留学へ向けての具体的な指導が行われました。
前半の2日間は留学先の大学での授業をイメージし、受講生に積極的にクラスに参加することが求められました。
後半の2日間は、アカデミックな論文の書き方やAPAフォーマットについて学び、前半2日間で議論した内容をもとに論文を完成させました。

受講した学生からは、
「出発前にアメリカの大学で論文を書くときに必要になる知識を知ることができてよかった」
「授業スタイルの違いや、文化の違いについて考える機会となった」
「留学に対する不安が少し解消された」
「来年の留学予定者にも受講を勧めたい」という意見が聞かれました。

PSA講座の様子1 PSA講座の様子2

【担当講師からのメッセージ】

This summer the Language Center once again offered the Pre-study Abroad program (PSA), a special intensive course offered at the end of the Spring term for students who will be studying abroad from August.

The four-day course was split into two parts.
Day one and two consisted of lectures, academic reading, and class discussions. These classes were designed in order to give students a sense of what a “Western” university classroom is like. Students were expected to actively participate and contribute to the class and generate and express their own opinions on the topic at hand. Participants then took what they learned from those first two days and developed a thesis statement.
The last two days were designated to creating a full-length research paper from that thesis statement. In day three, students were introduced to APA format and given examples and tips on how to write a research paper and correctly cite sources in order to avoid plagiarism and strengthen their arguments. Using their sources from day one and two and following proper APA format guidelines, students then used the remainder of day three and all of day four to write a short research paper, which is the final product of all the hard work that went into the four-day course (students' papers can be viewed on Toyo's efolio system).

Though the course was stringent and the days were hot, these dedicated and motivated students recognized the importance of PSA and gave up a bit of their summer holiday to acquire the knowledge and skills they need to be successful while studying abroad. I appreciate their hard work and look forward to hearing from them when they return next year.

行ってらっしゃい!


ジョナサン・ブラウン(国際地域学部国際観光学科 講師)