1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外・国内活動】Bridge 東日本大震災復興活動と、そこから学ぶ国際復興活動

【海外・国内活動】Bridge 東日本大震災復興活動と、そこから学ぶ国際復興活動

English (TOYO Global RDS)

Bridge

「Bridge」は、2011年3月11日に起こった東日本大震災で被災した、主に岩手県釜石市のお母さんグループ「レインボー」を対象に、現地のハンドクラフト商品を販売しつつ、被災地との交流を目的とした活動を展開しています。持続的な交流、学び合い、現地の人々の活動を知ってもらう、という3つのコンセプトのもと、被災地と学生をつなぐ架け橋(=Bridge)となるべく活動を行っています。
また、東日本大震災復興活動で得た経験を、海外の災害復興活動にも活かせるよう、国際的な復興活動の道も探っていきます。

Bridge

Bridgeの関連記事

【2014年5月23日】2014年5月22日に平成25年度総会を開催しました

【2013年11月8日】岩手県釜石市栗林第一仮設住宅で座談会~「防災と復興:住民主体の復興まちづくりの展望」を開催してきました~
 ※発表参加

【2013年9月6日】学生ボランティアセンターが「フェアトレード2013@館林」を開催しました
 ※販売参加

【2013年6月15日】東日本大震災復興対策チームグループ12 学生による活動報告会が開催されました