1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔留学だより〕アメリカ・カリフォルニア州立大学モントレーベイ校

〔留学だより〕アメリカ・カリフォルニア州立大学モントレーベイ校

English (TOYO Global RDS)

カリフォルニア州立大学モントレーベイ校(アメリカ)に留学中

高田貴江さん(国際観光学科 3年)

北カリフォルニアにある創立20年の小規模大学

キャンパス

こんにちは。私は現在、アメリカ合衆国にあるカリフォルニア州立大学モントレーベイ校(以下CSUMB)に交換留学中です。

CSUMBはサンフランシスコから南に車で2時間ほど下ったモントレーという海辺の観光地に広大なキャンパスを構えています。年間を通して乾燥した空気に、朝晩は霧が立ち込めるけれど昼は太陽がさんさんと降り注ぎ、雨の少ない、過ごしやすい気候です。

また、CSUMBには約6千人の学生が在籍しており、友人や教授との仲を深めやすいという小規模校ならではの恩恵を受けています。

のんびりとした秋学期

東洋大学では観光学を専攻していますが、CSUMBには観光学科がないので、秋学期はそれに関連する経営学と国際学を中心に履修しました。
月曜から金曜日まで、午前中に毎日1コマを履修し、午後は図書館で課題をしたり、友人と近くのビーチへ出かけたり、たまにジムで汗を流しては、友人のバスケやサッカーの試合を応援したりしました。

また、週末は留学課主催の様々な小旅行に参加し、大学主催の交流イベントに顔を出し、毎日飽きることなく新しい人々との出会いを楽しんでいました。気候もあってかとても穏やかな日々を過ごしていたと思います。

ユニークな授業と地域ボランティア

私が履修していた授業の中で「マクロ経済学・サービスラーニング」というものがありました。
週3日の授業に加え、学期中に計30時間の地域ボランティアへの参加が必須で6単位という、聞こえは恐ろしいものですが、ふたを開けてみると、経済学の基礎を学ぶだけでなく、アメリカ経済・社会の実態を考察し、そしてボランティアを通じて格差社会について思考を深めることのできる、とても意義のある授業でした。
私は低所得家庭の子供を対象とした学童施設で子供たちと遊ぶという奉仕活動を選びましたが、英会話力の向上に加え、彼らの元気いっぱいの笑顔にリフレッシュされるという副次的な恩恵も受けることができました。

現在は春学期も継続してボランティアを続ける方向で、スタッフの方と日程調整を進めています。

アメリカ横断・人生で一番濃い冬休みの始まり

冬休み前に友人から「東海岸に旅行へ行くから一緒に行こうよ」と軽く誘われ二つ返事をしたら、のちに実は車で2週間かけてカリフォルニアからフロリダを横断し、ついでに飛行機でニューヨークまで行ってしまうという、とんでもなく壮大な旅だったと知り、彼らの好奇心に驚きを隠せないまま私の冬休みは幕を開けました。

主要な観光地、例えばロサンゼルス、サンディエゴ、ラスベガス、ニューオーリンズ、マイアミ、ニューヨーク、はもちろんのこと、それ以外のコアな観光地やルート上にある国立・州立公園は時間の許す限り訪問し、地域グルメを堪能したり、ロードトリップならではの経験を数えきれないほどしました。もちろんここでは言えないことも多々、、、。

もちろん旅はただ楽しいだけでなく、きついこともしばしば。旅慣れていない私にとって日本語の通じない外国人の友人5人(ドイツ・アメリカ・セルビア)と20日間以上寝食を共にするということは、時に異文化への理解に苦しんだり、英語で意見をうまく伝えられない自分の至らなさに落ち込んだりと、1学期間大学でのんびり学ぶよりも数多くの試練と気づきと成長の機会を与えてくれるものでした。

旅行 留学生仲間とお別れ会

そして春学期、帰国の準備

カリフォルニアに帰省してから1週間は抜け殻のようでしたが、元の生活に慣れてくると、英語力の上達に加え、人とのコミュニケーションも円滑にとれるようになっていることに気が付きました。これも秋学期と長旅のおかげです。

今学期は日本では履修することのできない、かねてから興味のあったアートの授業を中心に履修しています。グラフィックデザインやアニメーション作成のクラスなどどれも楽しそうなものばかりです。
それに加えて、学童施設でのボランティアも続けていきます。

私生活も、学生寮から大学所有のアパートメントに引っ越し、以前よりも個人スペースや個人で過ごす時間が増えたので、この機会を利用して、自炊を楽しんだり、約3か月後に控えた帰国後の卒論や就職活動に向けた準備を進めていきたいと思います。

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございます。学部留学の醍醐味は授業の外に広がる素晴らしい人々との出会いの中にあると思います。私の留学はあくまでたくさんある可能性の中の一つの例としてとらえていただけたら嬉しいです。
私はCSUMBで過ごす残りの数か月間を悔いのないものにしたいと思っています。


国際観光学科3年 高田貴江
(留学期間:2013年8月~2014年5月 カリフォルニア州立大学モントレーベイ校)


【学生の声】ページへ

【留学・国際交流】 国際交流協定校のページへ