1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. Peace as a Global Language(PGL)に参加しました

Peace as a Global Language(PGL)に参加しました

English (TOYO Global RDS)

日本語
English


写真1 写真2

(国際地域学部国際地域学科 講師 小早川裕子)

2013年11月16日(土)から17日(日)の期間、立教大学新座キャンパスにおいて、第12回Pease as a Global Language (PGL)が開催されました。
学生団体「ConnAction」のメンバーである、星建太朗君(国際地域学部4年生)、柳沼彬君(同2年生)、佐藤侑大君(同2年生)、高木一樹君(同1年生)は、フィリピン・セブ市の公共墓地で生活する人々の現状と、導入された社会住宅事業に向けた墓地生活者の対立的な反応、そして、新住宅に移り住んで将来に期待を持ち始めた人々を調査し、まとめた "A Path to Empowerment – A Case of People Living in a Cemetery" という発表を行いました。

グローバル化の進行は、文化、宗教、性、民族、信条、世代など背景を異にする人々との相互共同体として、「グローバル村」生活を私達に意識させますが、2001年の9.11テロ事件に見るように、国、地域、家族などあらゆるレベルにおいて分断があらわとなり、「グローバル村」の生活は複雑性と不安を広めているように思われます。
そのような状況下でPGLは、如何にしてより良い社会を形成していけるのかを問い、様々な分野で活躍する学者、研究者、実務者、学生の経験や考察を通して平和構築のための議論の場を提供しています。

東洋大学の発表は、17日、日曜日の午後に行われました。
まずは、イヴァン・ボテフ講師(国際地域学部国際地域学科)の挨拶ではじまり、「ConnAction」が発表を行い、小早川裕子講師(同学部・学科)が学生らの取り組む姿勢に関するコメントと総括を述べました。
傍聴者の一人でフィリピン人の大学院生は、「スラムの中に入り込んで生活しながら調査をしたという事に感銘を受けました。また、母国に対して、このように関心を持って研究して頂いている事に深く感謝します。」と語りました。

学生が大学外で英語発表する機会は限られています。今回発表した「ConnAction 」メンバーは、4年生の星君以外は全員初めての英語による学外での発表でした。人前に立ち、相手の反応を見ながら自分の考えや経験を伝えるために克服すべきは、英語力や表現力だけではありません。一番大切な能力は、発表資料の作成に始まり、英語訳、発表練習など、目的を果たすまで諦めず努力し続ける強い意志です。 

発表後、他大学の学生から、「発表自体とても緊張するのに、皆さんのように英語で堂々と発表するための秘訣を教えてほしい。」と、最高の褒め言葉を頂きました。
発表を終えた新メンバーのどの目にも、溢れんばかりの涙が見られました。達成感からなのか、それとも、反省からなのか、その理由を知っているのは本人だけです。大切なのは、やり遂げた事です。

今後も、このような発表の場をどんどん利用して、経験や考えを多くの人々と共有し、世界平和のためにアクションを起こす学生が増えていく事を願っています。



(Reported by Ivan Botev, Lecturer at the Faculty of Regional Development Studies)

On a sunny autumn day in November, Regional Development Studies’ConnAction group members, Kentaro Hoshi, Akira Yaginuma, Yudai Sato and Kazuki Takagi, together with the two Regional Development Studies’faculty members who assisted the students with preparation of their slide shows and rehearsal of their presentations, Dr. Yuko Kobayakawa and Ivan Botev, headed to Rikkyo University’s Niiza Campus, where this year’s Peace as a Global Language (PGL) Conference was held.
The teacher-student team presented about a community-development project in the Philippines.
The conference was held on both Saturday and Sunday, and Toyo University’s team participated on the afternoon of the second day.

This was a great opportunity for these ConnAction members because it was their very first opportunity to present on the field work that they had done abroad.
The audience at the conference was quite small and that provided for a less stressful atmosphere and an extensive Q&A session at the end. Rikkyo University students had some practical questions about how to prepare for a presentation in English and the challenges along the way. A graduate school student from the Philippines studying at International Christian University asked specific question about students’field work in Cebu and the community members there.

Prof. Botev opened with a speech about Toyo University and how RDS Faculty’s English programs foster students’English abilities to successfully engage in field work in foreign countries. Each student had prepared his own individual presentation, depending  on their personal areas of interest. Dr. Kobayakawa closed the presentation, offering some more details about community development in the Philippines.

All in all, it was a great opportunity for Toyo University students to put their skills to practice and present in English about something they feel passionate about—helping people in developing countries establish better lifestyles.
We hope this is just the beginning of a tradition where Regional Development Studies’students present at the Peace as a Global Language annual conference.