1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】2016年度カリフォルニア州立工科大学ポモナ校研修 後半活動報告

【海外国際地域学研修】2016年度カリフォルニア州立工科大学ポモナ校研修 後半活動報告

English (TOYO Global RDS)

2017年2月26日から実施中のカリフォルニア州立工科大学ポモナ校研修も、残すところあと1日となりました。
3月10日は、前半の研修を引率し帰国する柏崎梢講師のために、学生がお別れ会を開いてくれました。

11日は、ホテルからバスで1時間程移動し、ユニバーサルスタジオへ研修に行きました。私は20年以上前にも同様に研修の引率でユニバーサルスタジオを訪れたことがありましたが、その頃とはもちろん大きく変化していました。
参加学生は、大阪のユニバーサルススタジオと比較し、日本のサービス、ホスピタリティとの違いを学びました。

 
ポモナ研修
スタジオ内航空機事故のセット

宿泊はケロッグウェストホテルで、朝食はホテルで取ります。このホテルは大学内のホテルですが、一般のホテルと比べて全く遜色ありません。
昼食と夕食は「ロス・オリボス」レストランを利用します。カフェテリア方式でスープ、メイン、サラダ、デザート、飲み物等メニューは豊富で、アメリカ国内の他の大学の食堂と比べても充実しています。

 
ポモナ研修ポモナ研修
宿泊先のホテルレストランにて

15日の夜は映画観賞の日でした。バスで映画館に着くと、各自好きな映画を鑑賞しました。帰りのバス内の雰囲気は行きと大違いで大変盛り上がっていました。英語を聞くことに慣れたことが感じられたようです。

 
ポモナ研修
映画館の入り口

16日はホテルのシャドーイングの授業です。それまで講義で学んだ内容を、近くのホテルで実体験できるプログラムでした。
訪問先のホテルは100室あまりのこじんまりしたホテルで、応対していただいた方はホスピタリティ豊かな方々でした。学生も多くのことを学んだことでしょう。

 
ポモナ研修
16日のホテル研修

 

2017年3月17日 小池 鉄夫(国際観光学科 教授)

【海外研修】カリフォルニア州立工科大学ポモナ校研修 のページへ