1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 国連ユースボランティア派遣に関する調印式が行われました

国連ユースボランティア派遣に関する調印式が行われました

English (TOYO Global RDS)

2013年6月3日(月)、国連大学(東京都渋谷区)において、関西学院大学と国連ボランティア計画(UNV)との国連ユースボランティア(The UN Youth Volunteer)派遣に関する協力協定署名式および、国内5大学(東洋大学、上智大学、明治大学、明治学院大学、立教大学)との了解事項交換式が行われました。

本学からは、国際地域学部の坂元浩一教授(国際地域学科長)が出席しました。

式典の様子 
写真右から2番目:坂元浩一教授、右から4番目:UNV事務局長リチャード・ディクタス氏

本協定は、関西学院大学を基幹校、東洋大学、上智大学、明治大学、明治学院大学、立教大学の5大学を連携校とする計6大学が、2015年までの2年間にわたり、国連ユースボランティア派遣の候補学生をUNVに推薦し、事業を協力推進することを約束するものです。

国連ユースボランティアに参加する学生は、「国連ユースボランティア」派遣日本訓練センターが提供する研修を受講したのち、UNVが派遣需要を確認した途上国で情報通信、教育、環境、啓発活動、若者に関する課題などの分野における開発支援活動に約6カ月従事することとなります。

今後、東洋大学国際地域グローバルオフィスでは、UNVから提示された条件に基づき、参加学生の募集、候補学生の選考、基幹校を通じたUNVへの推薦を行います。