1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】カーティン大学 2012年度春季研修報告(前半)

【海外国際地域学研修】カーティン大学 2012年度春季研修報告(前半)

English (TOYO Global RDS)

English

【研修前半】3週間の集中英語研修と観光を満喫!

2013年2月16日(土)から3月24日(日)までの約5週間、東洋大学国際地域学部の1,2年生36名が、
カーティン大学における国際地域学研修に参加しました。
この研修は3週間の英語研修と2週間の都市計画に関する専門研修からなるプログラムです。

研修は、美しく広大なキャンパスを持つカーティン大学において行われました。
初日、学生たちは温かい出迎えを受けた後、各自ホストファミリーの家へと分かれました。
ホームステイすることにより、学生はホストファミリーとすぐに打ち解け、日常生活のサポートを得ることができました。

photo1

英語の授業は、4人の優秀な教師により行われました。
また、毎週のクラスのほか、週に1日観光の時間が設けられ、学生たちはフリーマントル、スワンバレー、ロットネストアイランドの観光名所見学を楽しみました。
フリーマントルでは、海洋博物館、本格的なフィッシュアンドチップスの味が楽しめるチセレロズ、地元の市場を満喫しました。
スワンバレーでは、マーガレットリバーチョコレートファクトリーや、カバシャム・ワイルドライフパークを見学し、学生たちはカンガルーやワラビー、コアラなどの動物との交流を楽しみました。

photo2

さらに、毎週土曜日には、ダウンタウンシティツアーや貸切バスツアーも開催されました。
貸切バスツアーでは、200キロ離れた北パースにあるナンバン国立公園へ向かいました。
学生たちは、ピナクルズと呼ばれる独特の砂漠の岩石を見、ランセリンのリゾートビーチでランチを楽しみました。

photo3photo4

こうして、オーストラリア研修前半の3週間は瞬く間に過ぎていきました。

ロバート・ヒューズ(国際地域学部国際地域学科 准教授)


【研修後半】2週間の特別プログラム

【海外研修】カーティン大学研修 のページへ