1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. カリフォルニア州立工科大学ポモナ校の学生が東洋大学を訪問

カリフォルニア州立工科大学ポモナ校の学生が東洋大学を訪問

English (TOYO Global RDS)

California students visit Toyo

On the 12th of July, the Regional Development Faculty hosted students from Design school of California State University Pomona campus. There were 24 American students with 3 visiting professors and 9 Japanese students taking part in this short event lasting around three hours.

写真1 写真2

Currently, Regional Development students visit the Pomona campus Collins School of Hospitality once a year to take a short study program focusing on hospitality at their on-site restaurant. This time Pomona students came to use.

写真3 写真4

The event was organized by professor Kashiwazaki who helped plan the Pomona group’s accommodation, too. Toyo students also prepared a tour of the campus in English, supported by the Language Centre. After the tour, students had lunch together in the school cafeteria and shared their culture in a relaxed manner. Although, it was short this time, it is really hoped that Toyo can again host Pomona students in the future. Well done to both students and staff for their effort in making the short visit successful.

Graham Robson
Department of Tourism.

カリフォルニア州立工科大学ポモナ校の学生が東洋大学を訪問

7月12日(火)、国際地域学部ではカリフォルニア州立工科大学ポモナ校の学生たちを迎えました。約3時間という短い時間ではありましたが、3名の先生と共に来日した24名のアメリカ人学生と本学の9名の日本人学生が参加し、交流イベントを行いました。

写真5 写真6

近年、国際地域学部では年に一度、ホスピタリティを学ぶ海外国際地域学研修としてポモナ校にある“Collins School of Hospitality”へ学生を派遣しています。今回はそのポモナ校の学生たちが東洋大学を訪れました。

このイベントは、ポモナ校の学生たちの日本での生活等のサポートもおこなった国際観光学科の柏崎 梢 講師によって運営され、本学の学生たちは事前にランゲージセンターのサポートの元、キャンパスツアーを準備し、ポモナ校の学生たちを英語で案内しました。キャンパスツアー後は6号館の学生食堂にて昼食を摂りながら、お互いの文化について話し合う学生たちの姿が印象的でした。今回は非常に短い時間での開催となり残念ではありますが、いつの日か、またポモナ校の学生たちが本学を訪れてくれることを願っています。両校の学生たちをはじめ、このイベントを成功させるためにご尽力くださった方々、誠にありがとうございました。

グライアム・ロブソン(国際観光学科 准教授)

集合写真