1. トップページ
  2. 教育の質保証
  3. 改善報告・完成報告
MENU CLOSE

改善報告・完成報告

  • English
  • 日本語

 本学では、2007(平成19)年度に大学基準協会の大学評価(認証評価)を受審し、「適合」の判定を受けておりますが、その際に指摘事項として、12項目の「助言」を付されました。
 本学としては、これまでこの「助言」への対応に取り組んでまいりましたが、2011(平成23)年7月、「提言に対する改善報告書」を大学基準協会に提出いたしました。今後、大学基準協会において、本学の改善・改革の状況が十分であるかを判断されることとなります。

東洋大学 改善報告書[PDFファイル/128KB]

「完成報告書」の提出

 大学評価申請時に申請資格充足年度(完成年度+1年)を経過していない学部・研究科について、2011(平成23)年7月、「完成報告書」を大学基準協会に提出いたしました。

東洋大学ライフデザイン学部 完成報告書[PDFファイル/33KB]

東洋大学ライフデザイン学部 完成報告書(大学基礎データ)[PDFファイル/81KB]

東洋大学福祉社会デザイン研究科 完成報告書[PDFファイル/33KB]

東洋大学福祉社会デザイン研究科 完成報告書(大学基礎データ)[PDFファイル/101KB]

「改善報告書検討結果」の受理

 2011(平成23)年7月に、本学が大学基準協会に提出した「提言に対する改善報告書」について、平成24年3月9日に、大学基準協会から検討結果を受理いたしました。
 検討結果では、12点の改善報告について、「提言を真摯に受け止め、意欲的に改善に取り組んでいることが確認できる」とされている一方、いくつかの項目については、「取り組みの成果が十分に表れて」おらず、「引き続き一層の努力が望まれる」とされています。

 本学としては、これらについて今後も引き続き、一層の努力を行っていきます。

改善報告書検討結果(東洋大学)PDFファイル/71KB]

「完成報告書検討結果」の受理

 2011(平成23)年7月に、本学が大学基準協会に提出したライフデザイン学部及び福祉社会デザイン研究科の「完成報告書」について、平成24年3月9日に、大学基準協会から検討結果を受理いたしました。
 検討結果では、「おおむね目標は達成されていると判断される」とされている一方、いくつかの項目については、「教育課程の編成・実施に関して目標との整合を欠くと見受けられる点もある」「注意すべき点が見受けられる」とされています。

 本学としては、これらについて今後も引き続き、一層の努力を行っていきます。

完成報告書検討結果(東洋大学ライフデザイン学部)[PDFファイル/95KB]

完成報告書検討結果(東洋大学福祉社会デザイン研究科)[PDFファイル/77KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)