1. トップページ
  2. 教育の質保証
  3. 平成19(2007)年度 第1期 機関別認証評価
MENU CLOSE

平成19(2007)年度 第1期 機関別認証評価

  • English
  • 日本語

東洋大学の理念に基づいた大学改革、改善の仕組み

大学は本来、大学自身の手で継続的に改善していく活動を行ってきました。東洋大学においても、自己の手で自らの長所や問題点を点検し、改善に努める活動を続けてきました。また、それに加えて日本のすべての大学は少なくとも7年に1 度、国の認証する機関から評価を受けなければなりません。
東洋大学では評価機関(大学基準協会)に大学評価(認証評価)を申請しておりましたが、2008年3月に評価結果の通知がありました。

『評価の結果、貴大学は本協会の大学基準に適合していると認定する。』

しかし、そこには改善すべき点も指摘されています。
東洋大学では今後、その改善すべき事項に対し真摯に向き合い、大学を良くしていくために取り組み続ける強い覚悟のもとにこれからも活動していきます。
ここでは東洋大学の活動をより知っていただくため、評価結果だけでなく、申請にあたり作成した調書を解説とともに公開します。

平成19(2007)年度 第1期 機関別認証評価

 認証評価とは
 調書
 評価結果
 改善報告・完成報告

東洋大学の取り組みの一部

以下では、自己点検・評価の結果が明らかになったことを、ごく一部ではありますが、紹介します。

社会の変化に対応する東洋大学
東洋大学が評価を実施した目的は?
東洋大学の理念
自己点検・評価を活かした改善