MENU CLOSE

About the Center //センターの概要

  • English
  • 日本語

  The Research Center for PPP is established under the Graduate School of Economics Course of PPP in the academic year 2008. The center is in charge of researches and disseminating research result and outcomes through events and publications.

本センターは、大学院経済学研究科公民連携専攻の下に設置されている研究センターです。自治体等からの受託研究、PPPフォーラムの開催、出版物の発行等を通じて、PPPの研究成果を社会に還元しています。

Research Center for PPP foundation commemorate symposium (March, 2009)
PPP研究センター設立シンポジウムの様子

Outline of the Research Center for Public Private Partnership

Toyo University established the Course of Public Private Partnership which is the first Master's degree program in the country to specialize in Public Private Partnership (PPP) under the Graduate School of Economics in 2006. PPP is a method to solve problems of a region by collaboration among public, private and citizens. In fiscal year 2008, Research Center was established when the research project, "Formation of research base for PPP in regional revitalization (Theoretical research for designing an optimal RFP)" was selected as a MEXT-Supported Programs for the Strategic Research Foundation at Private Universities by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

Characteristics of the research center

The problem with a PPP is that a project--scope, method, schedule and etc.--is decided by the public sector, and ends up being unreasonable/insufficient for the private sector or citizens. In order to solve this problem, it is necessary to design a Request for Proposal, RFP to maximize the capacity of private sectors. The research center is aimed to scientifically analyze and devise optimal RFPs for public, private and citizens, which are conventionally relied on a rule of thumb.
Graduates with intention and ability to continuously contribute to researches are playing a core role as research partners. They are engaged in actual PPP projects in municipalities and private enterprises and the center can substantiate the research by reflecting their experiences.

Research collaboration with overseas PPP institutions

Signing MOU with Georgia Tech and FSUThe center and the graduate school (Course of PPP) are conducting case studies and building networking with research institutions in abroad to introduce international PPP experiences to Japan.

Study trips to the US (in 2008) and Europe (Spain, France, and the UK in 2010), and participation to international conferences including the PPP Days 2012, which was hosted by the United Nations Economic Commission for Europe and World Bank are some examples of our international activities.

Fiscal yearInstitution[Country]
2009

National Council for Public-Private Partnerships (NCPPP)[USA]
Urban Land Institute (ULI) [USA]
Georgia Institute of Technology[USA]
Florida Atlantic University[USA]
Institut de la Gestion Déléguée(IGD=PPP Research Center)[France]
International City/County Management Association(ICMA)[USA]

2010Infrastructure UK[UK]
United Nations PPP Initiative[Switzerland]
Asian Development Bank [Philippines]
2011Philippine Center for Economic Development, University of the Philippines[Philippines]
University of San Jose-Ricoletos[Philippines]
Caraga State University[Philippines]
Father Saturnino Urios University[Philippines]
Saint Joseph Institute of Technology[Philippines]
International Islamic University Malaysia[Malaysia]
2013National University of Civil Engineering, Hanoi[Vietnam]

Organization

a.Research fellows     

Faculty members in the Course of PPP (Professors/associate professors/lecturers/visiting professors) also serve as Research Fellows at Research Center for PPP. Click here for faculty members

b.Research Partner

Among the graduates of Course of PPP, those who have the ability and intention to contribute to the concrete solutions of the economic society through the study of PPP are certified as "research partners" of Research Center for PPP at Toyo University.

Research partners will publish at least one research outcome every year and participate in activities of the research center such as publishing PPP White Paper and Collected papers on PPP, organizing annual International PPP forum, and researches conducted by the research center and local governments.

The research partner is currently the only qualification in the field of PPP in Japan. It is also to open up new opportunities for their organization and themselves.

List of Research Partners (As of April 2016)[Japanese]

PPP研究センターの概要

東洋大学は2006年度にわが国ではじめて公民連携(Public/Private Partnership, PPP)を専門とする公民連携専攻を経済学研究科に設置しました。PPPとは、地域の抱える問題を、官民市民協働によって解決する手法です。2008年度に文部科学省の「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に「地域再生分野PPP(Public/Private Partnership)の研究拠点形成(最適Rfp基本設計理論研究プロジェクト)」が選定され、本センターが開設されました。

PPP研究センターは、大学院経済学研究科公民連携専攻の下に設置されており、公民連携専攻の教員、院生、修了生が研究に携わっています。

PPP研究センターの主な活動

PPP研究センターでは、自治体等からの受託研究、共同事業を通じて、官(政府、自治体)、民(民間企業等)、市民(NPO・NGO、自治組織等も含む)が協同して地域の課題解決に取り組む活動を支援しています。

  • 公共施設・インフラマネジメント
    自治体からの受託で施設白書の作成や公共施設等総合管理計画の作成支援、監修などを行っています。
    →産学の研究会として「省インフラ研究会」を運営しています
  • 震災対応プロジェクト
    2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震を受けて、各種の提言や記録を行っています。自治体の方々、被災された住民の方々、支援を行おうと考えている民間企業の方々に役立てていただけることを目的としています。
  • 地方創生
    地方創生にかかわる様々な事業・調査研究を自治体から受託しています。
  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

海外PPP機関との研究協力等

ジョージア工科大、フロリダアトランティック大と協定を締結本センターならびに大学院(公民連携専攻)は、PPPに関する世界の知見を広く日本にも紹介するため、海外の事例調査や、海外のPPP研究機関とのネットワーキングを進めています。

2008年にはアメリカ、2010年にはアメリカとヨーロッパ(スペイン、フランス、イギリス)の事例調査を実施しました。この他、国連欧州経済委員会と世界銀行、アジア開発銀行が主催したPPP Days 2012等をはじめとした国際会議にも参加しています。

年度連携機関名[国]
2009

米国PPP協会(NCPPP)[アメリカ]
Urban Land Institute (ULI) [アメリカ]
ジョージア工科大学[アメリカ]
フロリダアトランティック大学[アメリカ]
Institut de la Gestion Déléguée(IGD=PPP研究所)[フランス]
国際シティマネジメント協会(ICMA)[アメリカ]

2010Infrastructure UK[イギリス]
国連PPPイニシアチブ[スイス]
アジア開発銀行[フィリピン]
2011フィリピン大学経済開発研究所[フィリピン]
サンホセリコルトス大学[フィリピン]
カラガ州立大学[フィリピン]
ファーザーサトゥルニノユリオス大学[フィリピン]
セントジョセフ工科大学[フィリピン]
国際イスラム大学マレーシア[マレーシア]
2013国立土木大学ハノイ[ベトナム]

研究体制

a.研究員・研究協力者

PPP研究センターでは、大学院経済学研究科公民連携専攻の教員陣が、研究員や研究協力者等として活動しています。

→ 大学院経済学研究科公民連携専攻(PPPスクール)の教員紹介はこちら

b.リサーチパートナー

本専攻では、修了生のうち、PPPの研究を通じて経済社会の具体的な解決に貢献できる能力と志を有する者を、東洋大学PPP研究センターの【リサーチ・パートナー】に認定しています。

リサーチ・パートナーは、毎年1回以上の研究成果を公表するほか、公民連携白書、PPPフォーラム、紀要編集などの研究センターの活動への参加、研究センターと地方自治体などが実施する研究調査に参加します。

リサーチ・パートナーは、現在、日本におけるPPPに関する唯一の資格と言えるでしょう。組織や自分自身にとっての新しいチャンスを切りひらくカギでもあります。

2017年度 リサーチパートナー [PDFファイル/458KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)