1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. Public facility/infrastructure management//公共施設・インフラマネジメント
MENU CLOSE

Public facility/infrastructure management//公共施設・インフラマネジメント

  • English
  • 日本語

東洋大学PPP研究センターでは、公共施設・インフラマネジメントの必要性の啓発活動、実践手法の研究・普及に取り組んでいます。研究や講演、委員等の依頼につきましては、こちらをご覧の上、お問い合わせください。PPP研究センターで取り組んだ下記プロジェクト・報告書の他にも、院生・修了生(リサーチパートナー)が実際の地方自治体の公共施設再配置計画の検討委員として参加し、知見を活かして支援を行っている事例があります。

The Research Center for PPP is engaged in researches, dissemination of research outcomes, practical methods for analysis and implementation, and inspiring the public with the importance of public facilities and infrastructure management. In addition to the following contracted researches, graduate students and graduates (research partners) have been participating as committee members, seminar speakers and advisors for the actual local governments' public facility relocation plans and utilizing their knowledge to provide support for municipalities.
Currently, all the researches listed here are conducted for Japanese municipalities and hence published only in Japanese. There is a research going on with JICA on similar subject. The report (in English) is planned to be published sometime in 2017. If you have any question, please contact us.   
(As of December 2016)

公表資料等

 公共施設等総合管理計画への取り組み支援

省インフラ研究会

省インフラ研究会
本研究会は、産学の連携により、「公共サービスの水準をできるだけ維持しながら、インフラの整備・維持・管理等にかかる負担を抑制する」ための手法や技術を研究しています。

参考書籍 

根本祐二 著 『朽ちるインフラ』(日本経済新聞出版社、2011年)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)