1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. 第8回国際PPPフォーラム『成長戦略としてのPPP』を開催しました
MENU CLOSE

第8回国際PPPフォーラム『成長戦略としてのPPP』を開催しました

  • English
  • 日本語

2013年10月17日(木)13時30分より、東京・大手町サンケイプラザにおいて第8回国際PPPフォーラム『成長戦略としてのPPP』を開催しました。

安倍政権が2013年6月5日、政府が掲げる成長戦略の第3弾として、「民間活力の爆発」をキーワードにPPP/PFIの推進と規制改革を進めていく方針を公表し、2022年までの今後10年間でPPP/PFIの事業実績を12兆円まで拡大する方針を示しました。

こうした流れを受け、本学PPP研究センターでは、アクションプランにも言及されている英国財務省のPPP推進組織IUKのハビエル・エンシーナス氏、PFI法改正の目玉の一つ、民間提案制度の成功事例である米国PPEA創設者クリストファー・ロイド氏をゲストとして招聘し、『成長戦略としてのPPP』をテーマに基調講演及びにパネルディスカッションを実施しました。

当日は、約400名の業界関係者が集まり、今後、コンセッション、公的不動産の活用、民間提案方式など拡大が期待されるPPP/PPIの最新の事例や動向について講聴しました。

本フォーラムの主催者代表として挨拶を務めた福川伸次理事長は、厳しい財政事情の中でPPPには大きな期待が寄せられており、日本の将来を左右する重要なテーマであるとし、安倍政権の成長戦略として掲げられたことはもちろん、2020年の東京オリンピックの開催が決定したことも見据え、本フォーラムを通してより理解を深め、今後の事業の糧としてもらいたいと期待を述べました。

挨拶を務めた福川伸次理事長

基調講演1ではハビエル・エンシーナス氏は、IUKの組織体制、活動内容など英国の事例を紹介し、官民連携体制の成功の秘訣について述べました。

基調講演1ではハビエル・エンシーナス氏基調講演1ではハビエル・エンシーナス氏2

基調講演2ではクリストファー・ロイド氏が、日本国内においてPPPの素晴らしい制度が出来上がった中で、民間の自由提案をもっと活性化させるための対策をしっかりと構築していかなければならないという意見を述べました。

基調講演2ではクリストファー・ロイド氏基調講演2ではクリストファー・ロイド氏2

最後に、パネリストとして内閣府大臣官房審議官、PFI推進室長持永秀毅氏を迎え、「国内PPP/PFI市場の拡大策の展開」をテーマにパネルディスカッションを実施しました。

持永氏は阿部政権のPPP/PFIの抜本改革に向けたアクションプラン、経済財政運営と改革の基本方針(通称:骨太の方針)を紹介し、当面個別の事業を増やしながら将来的に官民連携インフラファンドを育てていければという展望を述べました。モデレーターのサム田渕教授の進行のもと、ハビエル・エンシーナス氏、クリストファー・ロイド氏他、根本祐二教授を交えて、今後、日本型のPPPを育てていくための議論を熱心に行いました。

パネルディスカッションを実施