1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. Preparing for disasters//次に来る災害に備える「災害日誌」
MENU CLOSE

Preparing for disasters//次に来る災害に備える「災害日誌」

  • English
  • 日本語

熊本地震の記録を将来に活かすために「災害日誌」を公表します

東洋大学PPP研究センターは、熊本地震における政府、自治体の対応や事象を公式発表災害日誌をダウンロードや報道を基に日誌形式にまとめた『「災害日誌」 熊本地震100日間の記録から、明日に備える』を公開します。

地震をはじめとした災害は、いつ、どこででも起こるかわかりません。明日、あなた自身が被災者になるかもしれません。災害が起これば、混乱期に多くの人、物資が現地に流入し、管理、対応が求められます。過去の災害を知り、対応での成功や課題を知るのは、次に来る災害への備えになるはずです。ぜひ、本日誌を手元において、防災訓練やBCP策定・見直しなど様々な場面でご活用ください。

阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震―大災害が発生するたび、同じような対応面での課題が繰り返されました。その主要因は情報の不足です。人間の記憶はあいまいです。記録は上書きされ、事後的に修正され、丸く整理された情報しか残りません。本質を見落とさないためには、日々の事象の淡々とした記録が有用です。

こうした考えのもと、PPP研究センターは、東日本大震災発生の際に、被災時の対応を客観的に記録する1000daysプロジェクトを立ち上げました。その第2弾として熊本地震発災後にも、大学院生、修了生からなるプロジェクトを始動しました。いまだ1000日は経過していませんが、熊本地震の100日間の記録を、今後起こりうる災害に役立ててもらおうと「災害日誌」として見やすい日誌形式にまとめました。

 
災害日誌をダウンロード[PDFファイル/3.27MB]

災害日誌のバックデータ: (Googleドライブ版) (エクセル版のダウンロード [161KB]

災害日誌の概要

1、ページごとの記載事項

(1)その日の概況
ページの上部に、日時、曜日、天候、最低・最高気温、発災からの経過日数、震度を記載しています。

(2)特記事項
その日の出来事で特記記載すべき事項や特徴的な事象を記載しています。また、気象警報も記録しました。

(3)その日の出来事
下記9つのカテゴリーに分類・整理しています。
①設置・開設:災害対策本部の設置など
②派  遣 :他自治体等からの支援職員、リエゾン、自衛隊の派遣など
③物資・ボランティア:物資の提供、ボランティアの募集や活動状況など
④相談的口:住民、自営業者等に対する各種相談窓口の設置など
⑤住  居 :住居の損害、罹災証明、仮設住宅、債権・ローンなど
⑥経済・生活:生活情報、教育、医療、保険、税金、自治体財政など
⑦事業再建:自営業者、中小企業向けの事業の再建など
⑧地域づくり:復興、再開発、土地利用、廃棄物・がれき処理など
⑨そ の 他:被害・復旧、公共施設の運用状況、二次災害防止など

(4)明日への備え
ページの下部に、翌日および10日後の特記事項に記載されている項目を記載しています。次の災害で必ずしも同じ日に同じ事象が起こるわけではありませんが、発災から何日後にどのような対策や対応が必要になるかを知る参考になると考えます。

2、インデックス
特に重要と考えた下記9つのトピックスについて、発災以降の代表的な出来事を時系列に整理しています。主要トピックスにおける対応や代表的な話題、タイムフレームの把握に役立つものと期待しています。

①避難所、避難生活
②人的支援(消防・救急、行政等)
③物資・ボランティア
④交通・インフラ
⑤がれき、廃棄物処理
⑥情報伝達
⑦被災住宅
⑧仮設住宅
⑨各種被災者支援、規制緩和類(事業者等向け、個人等向け)

3、コラム
大学院生やPPP研究センターリサーチパートナーらがみずからの経験や専門を基に、自治体対応やボランティア、医療、金融、自衛隊活動などについて執筆したコラムを挿入しています。

4、リンク集
巻末に、発災後各省庁が設置した災害情報ページなどへのリンク集を掲載しています。

こんな場面で役立ててください

防災訓練、BCP計画の策定や検証のため

防災訓練の際に、「行政支援受け入れチーム」「避難所運営チーム」「物資運搬・管理チーム」「ボランティア管理チーム」などに分かれて、それぞれで発災後1か月間の計画を立ててみてください。いま割り当てられている場所、人は十分でしょうか。情報伝達のしくみ、そのためのツールはありますか。備蓄は十分でしょうか。衛生管理はどのようにしますか。指定避難所以外に避難して困っている人はいませんか。大量の物資が運ばれてきたら、どこに置き、どうやって配りますか。力を貸してくれる民間企業や個人はいますか。

その後、各チームで100日記録を見直し、自ら立案した計画に過不足がないか、自分たちの計画で想定していなかったようなことが熊本で起こっていないか、検討してみてください。

自治会などに配布して、自治会毎に避難所の運営方針、備蓄方針の決定にも役立てることができます。
支援を行う立場の人たちも、いつ、どのような支援が有効かを予測し、実行計画を立案することができるでしょう。

手元に置き、実際の災害時に

印刷して手元においておけば、災害が起こりネットワークやパソコンが使えない状況下でも参照し、「今後起こるであろうこと」に備えることができます。また、実際に起こったことを書きこむことも可能です。

また、PDFファイルをスマホやタブレットに保存しておけば、紙の資料を持っていないところで被災をしても、すぐに見ることができます。リンク集からは省庁の発表資料などにタイムリーにアクセスできます。過去の通知類にも一度目を通しておけば、発災時の各省庁の対策を事前に予想することができるでしょう。

ダウンロードと利用について

ダウンロードは無償です。なお、災害日誌の利用、配布に当たり許諾は不要ですが、著作権者として東洋大学PPP研究センターの明記をお願いいたします。

 
災害日誌をダウンロード [PDFファイル/3.27B]

関連情報

災害日誌のバックデータ: (Googleドライブ版) (エクセル版のダウンロード [161KB]

東日本大震災対応プロジェクト

東日本大震災の「1000日記録」

(公開日:2017年4月14日)
最終更新日:2017年7月21日

”Disaster Daily Record”-Learning from past experiences

Toyo University's Research Center for PPP releaes "Disaster Daily Record" on the one Download Disaster Daily Recordday anniversary from Kumamoto Earthquake.
This diary-like Daily Record is a record keeping project that gathers announcements and gazettes from the ministries and agencies, countermeasures and reactions of stricken local governments, private sector activities and newspaper reporting.

Disaster can strike anywhere and anytime. You may be the next victim. Once a disaster occurred, flood of rescues, volunteers, evacuees and goods would rush to chaotic affected areas. You need to be prepared to handle them. Learning from past experiences by knowing what happened/worked/not worked in Kumamoto Earthquake will help you simulate what is going to happen to you in the next possible disaster. Please use this document in a disaster preparation/evacuation drill, in preparing and reviewing your business continuity plan, and other occasions. 

Background
This document is a spin-off from the "1000 days Chronicle" project of Kumamoto Earthquake.

Every time huge disaster occurs, people make the same mistakes. That is because of lack of information. Vivid memories of a past disaster fades quickly. Even "records" can be overwritten, corrected or edited. We believe in the importance of correct and accurate record keeping.
Students and graduates of Toyo PPP School volunteered for 1000 days Chronicle project after the Great Eastern Japan Earthquake. After the Kumamoto, about fifteen volunteered for another 1000 days Chronicle. This time, we decided not to wait until the 1000th day to make the record public, and publish our records in a form of a "diary" with improved legibility.

 
Download "Disaster Daily Record" [PDF/3.27]  *available only in Japanese

Original data (information collected from various agencies): (Google Document) (Download in Excel format [161KB]

Overview

1. List of items in a Diary page

(1)Conditions
Weather, temperature, and earthquake logs

(2)Special notes for attention
Any items warranting for special mention. Weather warnings are also listed here.

(3)Events, occurrences, announcements, incidents, and others
Items are listed in nine categories
1. Set up: e.g. establishment of disaster response headquarters
2. Dispatch: e.g. deployment of rescues, Self Defense Force, supporting staffs from other governmental bodies etc.ど
3. Goods and volunteers: e.g. rescue goods logistics, volunteer activities etc.
4. Inquiry counter: e.g. consultation for evacuees, small and medium businesses etc.
5. Settlement: e.g. housing, temporary housing, loans etc.
6. Economy and life: e.g. Alms, insurance, education, healthcare, tax and local government finance
7. SME business: e.g. restructuring a business, self-employed etc.
8. Community development: e.g. redevelopment, zoning and planning, debris management etc.
9. Others: damage, operations, other measures to prevent secondary disaster

(4)Preparation for tomorrow
Special notes listed on the next day and 10 days from the day. By looking at this section, you will simulate what can going to happen in the near future.

2. Index
Index will help you grasp the time frame of events and incidents in nine selected major topics at a glance.
1. Evacuation shelter and evacuees
2. Human resource supports (fire, rescue, and public administration)
3. Goods and volunteers
4. Transportation and infrastructures
5. Debris management
6. Information and communication
7. Damaged housing
8. New settlement/temporary housing
9. Assistance for damaged individuals and businesses, deregulations

3. Columns
Graduates and students wrote columns on public administration in local governments, volunteers, health, financial institutions and activities of the Self Defense Force, based on their experiences and expertise.

4. Useful links
Official accounts of ministries and agencies, announcements, and Twitter and Facebook accounts.

How to use the Disaster Daily Record

In disaster drills

In a disaster drills, you can simulate and plan countermeasures to what would going to happen. Then, review this Daily Record to address the issues and what may be missed in your preparation.

Community groups, aid organizations, volunteers and others can also use this to simulate what is going to happen, and check your readiness for the next disaster.

Keep it for your own reference and record keeping

If you keep the printed sheets, you can refer to it without internet connection or in blackouts. You can also keep your own recording on the sheets.

If you keep the soft copy in your smart phones and tablets, you can always access to it even when you are out of the office. Links can directs you to ministry and agency announcements. List of announcements issued after Kumamoto Earthquake will also help you simulate what kind of measures will be taken by the central government.

Download

Download is free of charge. You do not need permission for download, usage and distribution. Copyright is reserved for Toyo University Research Center for PPP. We are not responsible for any damage or misconduct that may occure based on the information listed in the Daily Record. Please use it with your own responsibility.

 
Download "Disaster Daily Record" [PDF/3.27]  *available only in Japanese

Related information

Original data of Kumamoto 1000days (for one year): (Google document) (Download in Excel format [161KB]

Projects and researches on Great Eastern Japan Earthquake

1000 days Chronicle of Great Eastern Japan Earthquake

(Published: April 14, 2017)
Last modified: July 21, 2017

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)