MENU CLOSE

公共政策連続トークsesaon3を開催

  • English
  • 日本語

<終了しました>

公民連携専攻恒例のイベント”連続トークseason3”を開催します。今回は今年度客員教授に就任した先生を中心とするラインアップです。

いずれも、大手町サテライトで実施されます。

・7月13日(火)1700~1800 終了
講師:まちみらい千代田 関幸子氏(2010年度客員教授就任)
テーマ:地域づくりとキーパーソン

三鷹市でスーパー公務員として活躍後、現在は千代田区のまちみらい千代田で都心のまちづくりや産業振興をフィールドとしつつ、全国各地の地域活性化の活動に取り組んでいます。本専攻では、秋学期の公共プロジェクト論で教鞭を執ります。

・7月15日(木)2010~2140 終了

講師:国土交通事務次官 谷口博昭氏
テーマ:国土交通分野の成長戦略

道路行政を中心に国土交通政策のリーダーとして長年ご活躍。先般発表され、コンセンッション方式の導入などPPPへの取り組みで各方面から話題を呼んでいる国土交通省の成長戦略を取り上げます。

・7月20日(火)1830~2000 終了
講師:明治学院大学教授 岡部光明 氏(慶應大学名誉教授、特別ゲスト)
テーマ:総合政策学とPPP

日銀出身の岡部教授は金融、マクロ経済の分野で日本経済の指針を示してこられました。社会経済の事象を、さまざまな視点から横断的にアプローチする総合政策学の観点から、PPPをいかに捉え、PPPに何を期待するのかをお話しいただきます。

・7月22日(木)1700~1800 終了
講師:三井物産戦略研究所 美原 融氏(2010年度客員教授就任)
テーマ:フランスの水道供給に見る公民連携の実態

PFI、市場化テストの草創期から国の政策立案に携わり、PPP分野の論客として著名な美原氏から、今最も注目されているPPP分野である水道事業に関して、フランスの実態に関してお話しいただきます。担当科目は、春学期のPPP制度手法論です。

※申込は下記へお願いします。回によっては希望が多数になり、同一機関からの出席者数を制限しなければならない事態も予想されますこと、予めご了承下さい。

ml-ppp@ml.toyonet.toyo.ac.jp
氏名、組織名、所属(肩書き)を明記してください。