1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. 2010年度 研究成果発表会 プログラム・資料等
MENU CLOSE

2010年度 研究成果発表会 プログラム・資料等

  • English
  • 日本語

<終了しました>

当日配布資料データは、下部プログラムよりダウンロードできます。

日時:2011年2月1日(火)18時30分~20時30分   受付18時00分~
場所:大手町サンケイプラザ301,302(東京都千代田区大手町1-7-2 サンケイビル3階)

大学院およびPPP研究センターの本年度の成果発表会を開催します。
発表者は、プロジェクトに携わっている院生と修了生です。
特に、修了生はPPPリサーチパートナーとして、全国のPPPプロジェクトの現場で活躍しています。その多くは、大学及びPPPリサーチセンターと密接に協力して進められています。
今回の発表会では以下のプロジェクトを取り上げる予定です。
いずれもPPPの最先端事例として、参考にしていただけると思います。多数のご参加をお待ちしています。

 
●兵庫県加西市の市役所業務の包括業務委託と競争的対話
加西市では、市役所業務を包括的に民間委託する方針を打ち出しています。2009年7~9月には、包括業務の委託先募集に当たって、民間事業者の理解を深めることを目的として、対面方式による対話を実施いたしました。業務委託における競争的対話の導入は、全国初の試みです。予想を大幅に上回る54社との対話を実施したため、当初スケジュールを変更して意見交換を続けることとし、基本的実施方針は2011年春を目途に作成することとしています。

●神奈川県藤沢市の公民連携事業化提案制度
藤沢市では、本年度より「藤沢市公民連携事業化提案制度」を創設しました。市が行っている全ての事務事業について、市よりも一層効率的で市民サービスが向上するアイデアを、市民や各種団体、企業等が自由な発想で提案することができる制度です。優れた提案者には、後日、提案が具体化した際の公募型プロポーザル実施の際に評価点が加点される提案者加点制度が導入されています。第1回目は昨年7,8月に実施され、計46件の提案の中から16件が採択されました。

●福岡県北九州市のPPP可能性調査(アジア物流拠点、関門連携)
地域再生支援プログラムとして実施されました。(1)地理的優位性と港湾、空港の既存インフラを活用した西日本ーアジア間での物流拠点提案、(2)2都市間(北九州ー下関)での観光、コンベンション産業共同開発構想提案、(3)PPP手法を使った経済開発構想提案、(4)上記1-3実行のためのPPP組織提案で構成されています。

●神奈川県三浦市 PPP可能性調査(水産団地活用、市庁舎、新橋梁、新産業)
同様に、地域再生支援プログラムとして実施されました。(1)高校跡地での新市役所建設、(2)二町谷漁業団地活用案、(3) 三浦市の未来を支え得る新産業の開発提案、(4)新しい経済開発を支える民間による西ルート橋梁開発(日本初のコンセッションシステム)提案、(5)市役所経営の効率化研究で構成されています。

●埼玉県宮代町 公共施設統廃合案につながる社会資本老朽化試算手法
全国的に導入が進んでいる公共施設マネジメントの最新例です。人口の少ない自治体の事例であること、公共施設だけでなく道路、橋梁、上水道、下水道、プラントまで含むこと、市場調査など社会的な分析を踏まえていること、公共施設の具体的な統廃合案まで示していることなどの新しい要素を持っています。

●人口分析から地域の特徴を抽出する地域プロファイリング手法
自治体別に5才階層人口を差し引きすることで世代間の増減を簡単にグラフ化し、地域の特徴を探し出す手法を用いて、国勢調査データで全国全自治体を調査し、階層別の増減パターンを分類しました。表面的にはまったく異なる地域が同じ特性を持っている、逆に同じような地域に大きな違いがあるという意外な結果が得られています。

●米国47州のTif制度研究と日本への導入可能性研究
少子高齢化などを理由として、現在、日本の都市では公共投資に振り向けられる財源が減り、都市の競争力を減退させています。公共投資が生み出す将来の税収を現在の投資に向けることで財源を確保するTif(Tax Increment Finance)はその制約をはずす切り札です。今回米国47州のTif法をすべて研究し、固定資産税以外の税にも使われていること、近年導入されたTif債権者の先取特権が投資促進効果を持っていることが明らかになりました。

●アジアの各国別PPP制度比較
現在、東洋大学ではアジアPPPインスティチュートの設立を準備中です。その前提として、各国のPPP制度の比較研究を行いました。韓国、中国、台湾、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インドなどの各国の比較により、さまざまな制度が存在することが明らかになりました。各国で進行中の代表的なプロジェクトの情報も合わせて提供します。

 

プログラム

(RP=リサーチパートナー (修了生から選定))

18時30分 根本祐二(教授) (1)PPP活動実績概要  根本教授資料 [PDFファイル/18KB]

18時40分 サム田渕(教授) (2)PPP国際活動計画  田渕教授資料 [PDFファイル/12KB]

18時50分 中村賢一(院生) (3)兵庫県加西市の市役所業務委託と競争的対話  加西市資料 [PDFファイル/1.79MB]

19時00分 宇治田道生(RP) (4)神奈川県藤沢市の公民連携事業化提案制度  藤沢市資料 [PDFファイル/193KB]

19時10分 水嶋 啓(院生)  (5)福岡県北九州市のPPP可能性調査  北九州市資料 [PDFファイル/359KB]

19時20分 長谷川智行(院生) (6)神奈川県三浦市 PPP可能性調査  三浦市資料 [PDFファイル/872KB]

19時30分 菅野元衛(院生)  (7)埼玉県宮代町の社会資本老朽化試算手法  宮代町資料 [PDFファイル/3MB]

19時40分 藤木秀明(RP)  (8)人口分析から地域の特徴を抽出する地域プロファイリング手法  プロファイリング資料 [PDFファイル/2.31MB]  

19時50分 藏田幸三(RP)  (9)米国50州のTIF制度研究と日本への導入可能性研究  Tif資料 [PDFファイル/417KB]

20時00分 難波 悠(院生)  (10)アジアの各国別PPP制度比較  アジア各国PPP制度資料 [PDFファイル/229KB]

20時10分 質疑

20時30分 閉会

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)