1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. 第6回 国際PPPフォーラム プログラム・資料等
MENU CLOSE

第6回 国際PPPフォーラム プログラム・資料等

  • English
  • 日本語

<終了しました>

開催報告はこちら

震災の影響で4月開催予定を延期していた第6回国際PPPフォーラムを開催いたします。

4月19日の国連欧州経済委員会PPP推進局会合で、本専攻サム田渕教授が常任理事に選定されました。その際、各国の代表から、日本の復興への支援とPPPの活躍への期待が表明されました。その後も、震災復興、平時の危機管理の両面でPPPに関するさまざまな助言が世界各地から寄せられています。今回、そのうち特に参考になるキーパーソンを集めてフォーラムを開催することにいたしました。

主催:東洋大学

日時 2011年7月4日(月)13時30分~17時00分
場所 大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2)
http://www.s-plaza.com/map/
入場無料 同時通訳付

終了後レセプションあり(無料)

プログラム

13時30分 主催者挨拶  長島 忠美  東洋大学理事長・衆議院議員

「中越地震では山古志村長として全国の支援をいただきしました。今、衆議院災害対策特別委員会理事として奮闘しています。」

13時45分 災害対策における PPP の役割

ジェフリー・ハミルトン氏 国連欧州経済委員会 PPP 推進局長  ハミルトン氏資料 [PDFファイル/352KB]

「PPP はいかなるときも有用でなければなりません。官民すべての資源を総動員すべき災害時にこそ真価が問われます。」

14時15分 ハリケーン・カトリーナからの復興

デビッド・ダッド氏 コンサルタント、元湾岸州復興会議チーフ  ダッド氏資料 [PDFファイル/613KB]

「米国でもすべての地域が同じ目線を持つのは難しいことです。不可能といわれた“州間連携”実現の秘訣をお話しします。」

14時50分 FEMA の役割と民間セクターとの協働

ビル・ロッキー氏 コンサルタント、元 FEMA ディレクター  ロッキー氏資料 [PDFファイル/948KB]

「FEMA は数々の実績から多くの教訓を得て力を付けました。ポイントは、365 日訓練を繰り返す平時の備えです。」

15時15分 日本の危機管理体制への提言

レオ・ボズナー氏 元 FEMA 危機管理専門官  ボスナー氏 [PDFファイル/162KB]

「日本での研究の成果をお伝えしようとした矢先に日本大震災が起きました。お役に立てることを心から光栄に思います。」

15時40分 パネルディスカッション Q&A

パネラー:ハミルトン氏、ダッド氏、ロッキー氏、ボズナー氏、 根本祐二教授(東洋大学)  根本教授資料 [PDFファイル/326KB]

モデレーター:サム田渕教授(東洋大学)

17時00分 レセプション

19時00分 終了

 チラシ [PDFファイル/847KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)