1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. PPP研究センター
  5. 特別国際PPPフォーラム「東洋の英知 インフラ/ものづくりPPPの展開」 プログラム・資料等
MENU CLOSE

特別国際PPPフォーラム「東洋の英知 インフラ/ものづくりPPPの展開」 プログラム・資料等

  • English
  • 日本語

<終了しました>

開催報告はこちら

東洋大学は、11月15日に東京で開催する特別国際PPPフォーラムにおいて、アジアPPPインスティチュート(アジアPPP研究所、APPPI)を設立することを発表しました。

アジア開発銀行の調査によると、アジア新興国で今後必要とされるインフラの整備費用は総額8兆米ドルですが、各国政府や国際機関の公的資金でまかなえるのはごく一部で、民間企業のノウハウや資金を活用したPPPの導入が不可欠と考えられています。また、新興国での雇用創出や経済成長にあたっては、先進国からの技術移転を含む対内投資や新興国企業の対外進出の促進が急務です。こうした背景から各国政府だけではなく、民間企業を活用した広い意味でのPPPの導入が期待されるところですが、新興国ではいまだPPPのノウハウは十分蓄積されていません。

東洋大学は、2011年7月、国連のPPP教育研究機関として正式に認証されており、APPPIの設立も国連研究機関としての活動の一環です。APPPIは、広くアジア諸国のためのPPPの教育研究、事業企画等を行うとともに、アジア各国でのPPPの普及とともに、アジアで活動する日本企業や自治体を支援することとしています。名誉アドバイザーとして、マハティール・ビン・モハマド氏(元マレーシア首相)、塩川正十郎氏(東洋大学総長)が就任します。
すでに、2011年9月にはフィリピン・ミンダナオ島でPPP可能性調査を実施し、日本の個別企業や自治体による直接投資等の可能性を想定して、現地自治体とのマッチングをはじめています。当面東洋大学内に事務局を設置しますが、自治体、企業に広く参加を募り活動を拡大していく予定です。(12月1日は大手町サテライトで説明会開催)


主催 東洋大学
共催 日本経済新聞社
日時 平成23年11月15日(火曜日) 14時30分~16時30分(開場14時00分)
場所 日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)
入場無料  同時通訳

プログラム

14時30分  挨拶

 竹村牧男 東洋大学学長
14時35分  設立趣旨説明  

      根本祐二 東洋大学教授  根本教授資料 [PDFファイル/568KB]
14時45分 APPPIへの期待 

      ジェフリー・ハミルトン 国連PPP推進局長  ハミルトン氏資料 [PDFファイル/289KB]
15時00分 特別インタビュー マハティール・ビン・モハマド氏  

      インタビューアー サム田渕 東洋大学教授
15時20分 休憩(10分)
15時30分 パネルディスカッション   

      フェルディナンド・M・アマンデJr.氏 フィリピン・ブトゥワン市長

      ゲイリー・ミラー氏  国際PPPコンサルタント  ミラー氏資料 [PDFファイル/1.07MB]

      マイケル・フリン 金融コンサルタント

      ジェームス・マグワイア リスクマネジメント専門家  マグワイア氏資料 [PDFファイル/2.15MB]   

      進行 美原融 東洋大学客員教授
16時30分 閉演

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)