1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際共生社会研究センター
  5. The center hold an international symposium//国際共生社会研究センター主催 国際シンポジウムを開催致します。
MENU CLOSE

The center hold an international symposium//国際共生社会研究センター主催 国際シンポジウムを開催致します。

  • English
  • 日本語

International Symposium

Cross-boundary Human Development for SDGs through International Networking

Toyo University have established faculty of global and regional studies and international tourism management studies in April 2017 for international contribution and researching of tourism. This high-quality education is the most important for improving SDGs issues of human development. To improve the human development issues is being used Information and Communication Technology (ICT). The international symposium “Cross-boundary Human Development for SDGs through International Networking” is conducted by experts of ICT and remote education. We have invited Prof. Armstroing for the University of South Pacific, and Mr. Naito form JICA, who will focus on human development for SDGs through International Networking.

 

Date:     November 25th, 2017 (Saturday) 02:45PM - 04:30PM (Doors open at 02:30PM)

Venue:  No. 8 Bldg., B1F., Room No. 8B11, Hakusan Campus, Toyo University, Tokyo, Japan

Program:

14:45    Start of Program (Registration starts at 14:30)

14:45    USP’s Experiences on Education for Cross-boundary

            Human Development in Pacific Islands

                 Prof. Derrick Armstrong

                 (Deputy Vice Chancellor, University of the South Pacific)

15:30    ICT and Education for Human Resource Development in

            International Development Cooperation Through JICA’s Experiences

                 Mr. Naito Tomoyuki, Senior Adviser, JICA

16:00    Toyo University’s Experiences and Future on Remote Education

                 Prof. Hidetoshi Kitawaki

                 (Director, Center for Sustainable Studies, Toyo University)

16:20    Question and Answer Portion

16:30    End

 

Organized by:

Center for Sustainable Development Studies, Toyo University 2017

 

Co-organized by:

Japan Society for International Development (JASID)., Graduate School of Regional Development Studies, Toyo University., Faculty of Global and Regional Studies, Toyo University., Center for academic research promotion, Toyo University., Faculty of International Tourism Management, Toyo University.

 

Supported by:

Japan International Cooperation Agency

平成29年度東洋大学国際共生社会研究センター国際シンポジウム

 「国際的なネットワーキングによる広域的な人材育成を通したSDGsの実現に向けて」

 

東洋大学では2017年4月に国際学部と国際観光学部を新設し、国際協力と観光分野の研究・教育を一層強化してきました。教育・人材育成の分野では持続的な質の高い教育の提供(SDGsターゲット4)を目指し、情報通信技術(ICT)による教育が重要視されております。こうした動きと呼応して、共通論題「国際的なネットワーキングによる広域的な人材育成を通したSDGsの実現に向けて」を実施いたします。南太平洋大学及び国際協力機構から学識者をお招きし、大洋州における問題とその解決方策、遠隔教育における人材育成について、大洋州の国々や日本の事例紹介を踏まえながら具体的に議論いたします。

 

 

 

開催日時:       2017年11月25日(土)14:45 – 16:30

会場:           東洋大学白山キャンパス 8号館 地下1階 8B11教室

プログラム:

14:30    開場

14:45  広域的な人材育成のための教育-南太平洋大学の経験から-

              デリック・アームストロング(南太平洋大学副学長)

15:30  国際開発協力における人材育成のためのICT と教育ーJICA の経験よりー

              内藤 智之(独立行政法人国際協力機構 国際協力専門員(ICT))

16:00  東洋大学の遠隔教育における人材育成と展望

              北脇 秀敏(東洋大学国際共生社会研究センター長、東洋大学副学長)

16:20  質疑応答

16:30  閉会

 

実施主体

主催:東洋大学国際共生社会研究センター

共催:国際開発学会、東洋大学大学院国際地域学研究科、東洋大学国際学部

東洋大学国際観光学部、東洋大学学術研究推進センター

後援:独立行政法人国際協力機構