1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 創立125周年記念事業 東洋大学講師派遣事業「全国行脚講演会in福岡」を開催
MENU CLOSE

創立125周年記念事業 東洋大学講師派遣事業「全国行脚講演会in福岡」を開催

  • English
  • 日本語

東洋大学の創立者であり、哲学者である井上円了博士は、明治23年から大連で最後を迎える大正8年まで、哲学の普及を目指して国内外を巡回し、講演を行った。その講演数は記録にあるだけでも国内2198町村・5291回にものぼる。
本年、2012(平成24)年に創立125周年を迎えた東洋大学。本学では円了博士の思念を受け継ぎ、かねてより大学の講義を日本各地に届ける「講師派遣事業」を展開しているが、大きな節目となるこの機に「全国行脚講演会」をスタートさせている。2011年度開催の新潟、堺に引き続き、2012年6月には東京(白山キャンパス)、7月名古屋(名古屋国際会議場)、そして今回8月4日(土)、福岡(福岡ソフトリサーチパーク)で開催した。
なお、2012年度はこの福岡会場の後、仙台(9月)を行脚する予定である。
冒頭で生涯学習センター所長の八巻節夫教授が挨拶し、本学概要と「全国行脚」の開催趣旨などを説明した後、講演が行われた。

講演1
「井上円了の人と思想」
竹村牧男 学長(文学部インド哲学科教授)
創立者の思いを受け継ぎ行われる当講演会では、毎回、竹村学長が円了博士をテーマに講演を行っている。幼少期から本学の前身「私立哲学館」創設に至るまでの円了博士の思想遍歴をひも解きつつ、「洋の東西を問わず、真理は哲学にあり」と確信し、明治期という激動の時代に近代化を課題とした日本において「哲学」の重要性を説いた博士の人となりを紹介した。
講演では、円了博士が遺した多くの著作のなかから、哲学的思想が色濃く伝わる記述に触れ、ことさらに「行動するための哲学」であったと説明。「多様な価値観が交差するグローバル社会において、他者を理解し、自らが行動するために、より哲学の重要性が増している」と語った。また、哲学には必ず向上向下の二門を併置しなければならず、向上門は哲学の理論に属し、向下門【理論門、実際門】は実際に属すると説明。今後、井上円了先生の考えに即し世界的な視点での教育研究活動を行っていくと述べた。

講演2
「東アジア漢字文化圏の特質と現代的意義について」
吉田 公平(文学部中国哲学文学科教授)
中国・韓国・日本を中心とする東アジア(世界の人口の3分の1 約20億人)は漢字を使用する独特な文化圏。なかでも九州は中国大陸・漢民族の先進文明が最初に伝搬した地域、一貫して外来文化を受容する窓口の役割を果たしたとした。先進文明に隣接していたことの利点として漢字の伝搬・摂取があり、このことで大きく生活・生産様式が一新された。 日本人の心性は、いまもなお漢字文化が基底となっており、その最たるものが東アジア漢字文化圏の人間観を象徴する性善説であると語った。性善説とは「他者と共に人間らしく生きる力=徳を生まれながらに持ち合わせている。という希望の心学」。日本人は17世紀に性善説を人間理解の根幹とする儒教心学として本格的に受容した。日本では心学運動が、寺子屋・塾・藩校などを介して、識字率の向上、片仮名(女文字)の効用など全体的に浸透してきた。この心学活動が「日本人の心性を培ったのではないか。日本人は宗教心が薄い、信仰心がないのではない。日本人の皆が他者とともに生きるその可能性を信じている」と現代的意義について述べた。
聴講者は約100名。
この模様は後日、朝日新聞紙上にて採録される。
共催:朝日新聞社/後援:福岡市

講師派遣事業

全国行脚講演会について/お申込みはこちら

「全国行脚講演会in東京」(東京・白山キャンパス)のニュース

「全国行脚講演会in名古屋」(名古屋会場)のニュース