1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 第3回東洋大学文化講演会in北区を開催
MENU CLOSE

第3回東洋大学文化講演会in北区を開催

  • English
  • 日本語

 第3回東洋大学文化講演会in北区を開催しました

2014(平成26)年11月2日(日)10時00分より、東京・北区北とぴあ「さくらホール」において第3回東洋大学文化講演会in北区を開催しました。

文化講演会in北区本会は学校法人東洋大学が設置する附属校・系列校のある地域での文化活動であり、東京都北区は本学京北中学・高等学校、京北学園白山高等学校があるご縁から開催されました。北区在住・在勤・在学の方、約250名が参加しました。
今回は国立科学スポーツセンターやナショナルトレーニングセンターを擁する「トップアスリートのまち北区」との関連で、本学法学部准教授 水泳部監督の平井伯昌が『「世界で勝ち抜ける人材」を育てる』と題して講演を行いました。

平井監督平井は、全日本の水泳コーチであり、北島康介をアテネ・北京オリンピックで金メダルに導き、更には本学萩野公介をロンドンオリンピックでは銅メダルへ、そして本年アジア大会ではMVPへ導くなど、指導者として実力を発揮。現在は、本学法学部准教授として、体育実技を担当しています。

講演ではトップの選手を育てる極意としていくつかの事例を紹介。中でも「当たり前のレベル」を上げることを強調しました。日々の練習や試合結果など、漫然と過ごすのではなく、当たり前であるレベルを世界やトップクラスへ視点を向けることで、より高みを目指す自覚が生じてくることを豊富な事例を交えながら講演しました。また、「言い訳をしない・させない」という件では、結果が出ないことをコンディションや指導のせいにせず、自らの努力が足りなかったことへ自覚させることを促し、自らの言動で内省させることの重要性を説きました。

講演終了後の質疑応答では、小学生から「どうしたらオリンピックに出られるのか?」など質問や子育てのヒントとして本日の講演を聴いた母親からの質問もあり、有意義な講演会となりました。

石坂校長最後に、北区・赤羽キャンパスにある京北中学・高等学校の石坂校長より、日ごろ住民の皆さまに御礼を申し上げ、次年度の京北中学・高等学校の移転と近い将来開設されるであろう新学部により更なる北区との連携をお願いし講演を閉じました。