1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 2014年度 未来を拓くトップセミナー第2回「保育の岩盤規制と闘う」を開催しました
MENU CLOSE

2014年度 未来を拓くトップセミナー第2回「保育の岩盤規制と闘う」を開催しました

  • English
  • 日本語

6月25日(水)第2回未来を拓くトップセミナー「保育の岩盤規制と闘う」を開催しました

セミナーの様子

2014(平成26)年6月25日(水)13時から朝霞キャンパス講義棟314番教室において、2014年度未来を拓くトップセミナー第2回目「保育の岩盤規制と闘う」と題して、株式会社ポピンズ代表取締役CEO、元テレビ朝日アナウンサーの中村紀子氏をお招きして開催しました。ライフデザイン学部の学生や大学院生を中心に220名以上が参加しました。

「未来を拓くトップセミナー」は、各界において指導的立場で活躍している方々を講師としてお招きし、将来への指針となる講演をいただき、学生のキャリア形成の一助とすることを目的に2013年度より開催しています。2014年度は、川越・朝霞・板倉・白山の各キャンパスで開催を予定しており、今回の開催はその第2回目となります。

講師の画像

セミナーの開催に先立ち、福川伸次理事長よりセミナー開催の趣旨と中村紀子氏(写真右)の紹介がありました。

講演が始まり、いまの保育を取り巻く環境や保育・介護現場で実際に起きた出来事など、学生がイメージをしやすいように映像を交えてお話いただきました。保育・福祉系統の勉強をしている学生が、株式会社ポピンズで働く方々から寄せられた「思い出に残っていること」の映像を、自分の将来の姿を重ねるかのように見入っている姿が印象的でした。

講演中の様子

その中で、テーマにもなっている保育の岩盤規制を変えるために、中村氏がこれまで行ってきたこと、またその経験に基づいた「誰かが行動しないと変わらない」というメッセージをいただきました。参加した学生からも行動することの大切さにあらためて気付くことができましたという声が寄せられていました。

最後に、参加した学生から質問があり、ご自身の経験を踏まえながら保育者、ひいては社会人として必要なことなどを学生にお伝えいただきました。


今回のセミナーを受講した学生からは以下のような感想が寄せられています。

  • 株式会社運営の保育所について理解が深められ、全ての子どもが平等な環境で成長するために必要なことを考える機会になりました。
  • 保育の現状や課題について理解することができました。また、夢を叶えるために学生のうちに様々なことに取り組んでいきます。
  • 自分の中で、何か一つでも自信を持てることを見つけたいと思いました。