1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 学校法人 東洋大学 理事長 福川伸次 著『考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-』 を刊行
MENU CLOSE

学校法人 東洋大学 理事長 福川伸次 著『考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-』 を刊行

  • English
  • 日本語

書籍紹介

『考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-』

学校法人東洋大学理事長の福川伸次が、日経BP社から『考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-』を刊行しました。本書では、元通商産業事務次官として、日本の市場や産業のあり方を示してきた福川が、世界潮流の中での現在の日本の課題と目指すべき方向性を考察し、歴史・経済・文化などを元に未来に向けた日本のあり方について提言しています。

「ジャパナビリティ」とは日本社会の底力を意味する造語。人々の信頼、異文化への寛容、匠の技にみる探究心、自然を愛する心、慎み深さなどの日本の持つ社会的魅力を更に高めることによって、日本から世界を変えていこうと若い世代に呼びかけています。

グローバル化する現代社会において、自ら考え行動するイノベーション力を持った人材を育成することを目指して本学が掲げている「哲学教育」「国際化」「キャリア教育」の3つの柱への思いが込められています。是非ご一読ください。

 

『考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-』

■書籍名:考えよう、そして行動せよ。-ジャパナビリティが世界を変える-
■著者名:福川 伸次
■ページ数:四六版、208頁
■販売価格:本体  1,500円+税
■発売日:2014年6月23日(月)
■出版社:日経BP社
■ISBNコード:978-4-8222-6395-9
日経トップリーダーonline書籍詳細ページ