1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. タブレットPCを使った佐賀県武雄市のスマイル学習(反転授業)の検証研究会を実施しました
MENU CLOSE

タブレットPCを使った佐賀県武雄市のスマイル学習(反転授業)の検証研究会を実施しました

  • English
  • 日本語

2014年5月16日(金)125記念ホールにて、タブレットPCを使った佐賀県武雄市のスマイル学習(反転授業)検証研究会を実施しました。

佐賀県武雄市は、2014年4月に市内の小学校全児童にデジタル教育用のタブレットPCを配布し、5月からはタブレットPCを使用した「スマイル学習(反転授業)」を始めました。そのスマイル学習の効果などについて、本学と武雄市は共同して検証作業を行うことになりました。

松原聡教授(経済学部総合政策学科)が代表を務める本研究会は、現代社会総合研究所・ICT教育研究グループと佐賀県武雄市との産学連携の取り組みの一環です。研究会メンバーは計34名。産業界からは、(株)ディー・エヌ・エー取締役・ファウンダー 南場智子氏、光村図書出版(株)専務取締役編集本部長 黒川弘一氏、数研出版(株)取締役編集局次長 桜井仁氏などが参加。初会合となる今回は、武雄市教育監・武雄市武内小学校校長 代田昭久氏よりスマイル学習の導入目的が説明されました。

佐賀県武雄市公式ホームページ

研究会の様子