1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 【結果報告】第31回全日本ライフセービング種目別選手権(静岡県静波海岸)にて、サーフライフセービングクラブの学生が活躍
MENU CLOSE

【結果報告】第31回全日本ライフセービング種目別選手権(静岡県静波海岸)にて、サーフライフセービングクラブの学生が活躍

  • English
  • 日本語

平成30年6月2日、3日に静岡県静波海岸で行われた「第31回全日本ライフセービング種目別選手権」へ、サーフライフセービングクラブに所属する学生が出場しました。

【入賞種目(個人)】

◎女子ビーチスプリント

第3位 佐藤里咲(法学部2年)

(ビーチスプリント:砂浜の直線コースを90m走る競技)

写真

(右から2番目が佐藤)

◎女子ビーチフラッグス

第4位 佐藤里咲(法学部2年)

(ビーチフラッグス:砂浜で約20m離れたバトンラインに背を向けてうつ伏せになり、バトンラインに競技者より少ない数で置かれたビーチフラッグ(バトン)を取り合う競技)

写真

その他出場した選手も、2年目にして決勝に進出するなど、少しずつではありますが競技力が上がっているのが見られました。今後も応援のほど、よろしくお願い致します。

 

【JLAハイパフォーマンスチーム選出及び日本代表選出】

昨年の全日本学生選手権大会、全日本選手権大会、先日の種目別選手権大会において全て入賞を果たした佐藤里咲(法学部2年)が、この度第10期JLAハイパフォーマンスチーム(以下JHPT)の強化育成チームに選出されました。

東洋大学としては、堀内敦貴(法学部4年)に引き続き2人目、女子としては初の選出となります。 

写真

JHPTとは、日本代表選手候補として強化育成を図り、国際大会への出場を目指すと共に、ライフセービングスポーツとライフセービング活動双方の普及・発展に貢献するプログラムへの参加をするチームのことです。

また、6月23日、24日に福岡県にて行われるライフセービング国際大会、三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2018の日本代表として、佐藤里咲がB代表に選出されました。

これは、東洋大学としては初の快挙となります。

東洋大学として初めてのライフセービング国際大会出場となりますので、応援のほどよろしくお願い致します。

【ライフセービングについての詳細情報はこちら】

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会(JlA)公式ホームページ http://jla.gr.jp/
東洋大学サーフライフセービングクラブwebページ:http://toyoslc.jimdo.com/