1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. New Toyo University Faculties and Departments Showcased on Yomiuri Online, Toyo Keizai Online and Asahi Shimbun Digital//読売オンライン・東洋経済オンライン・朝日新聞デジタルでの新学部・新学科紹介
MENU CLOSE

New Toyo University Faculties and Departments Showcased on Yomiuri Online, Toyo Keizai Online and Asahi Shimbun Digital//読売オンライン・東洋経済オンライン・朝日新聞デジタルでの新学部・新学科紹介

  • English
  • 日本語

In April 2017, Toyo University will inaugurate its Faculty of Global and Regional Studies, which is comprised of the Department of Global Innovation Studies and Department of Regional Development Studies, the Faculty of Information Networking for Innovation and Design, the Faculty of International Tourism Management, and the Department of International Culture and Communication Studies at the Faculty of Letters.

Prior to this, we are showcasing the new faculties and departments and the education provided by them, on Yomiuri Online, Toyo Keizai Online and Asahi Shimbun Digital. Special pages on these websites feature interviews with leading experts in various fields, and dialogues between our faculty members and top professionals in various fields, to explore what capabilities are required by active workers in the global world.

* Articles on these websites are written in Japanese.

2017年4月、本学は新たに「国際学部グローバル・イノベーション学科」「国際学部国際地域学科」「情報連携学部」「国際観光学部」「文学部国際文化コミュニケーション学科」を開設します。

それに先立ち、読売オンライン、東洋経済オンライン、朝日新聞デジタルにて、各界で活躍される有識者の方々へのインタビューや本学教員との対談を通じて、グローバルに活躍する人材に求められる力、そして新学部・新学科での教育などについて紹介していきます。

読売オンライン『TOYO UNIVERSITY × YOMIURI ONLINE』(全6回)

文学部国際文化コミュニケーション学科
第1回「教養に裏打ちされた自分の考えが、世界への発信力の要となる」(2016年11月21日公開)
▶株式会社サイマル・インターナショナル代表取締役社長 藤井ゆき子氏 × 文学部 朝比奈美知子教授[2017年4月より、国際文化コミュニケーション学科所属予定] 対談

グローバル化が進む昨今、日本では異文化間のコミュニケーションを推進し、自ら発信できる人材の育成が急務とされている。東洋大学はこうした時代の要請に応えるため、2017年4月、文学部に「国際文化コミュニケーション学科」を開設。・・・

国際観光学部
第2回「日本の基幹産業となる観光業界で即戦力となる『エキスパート』を育成」(2017年1月13日公開)
▶日本政府観光局理事長 松山良一氏 × 国際地域学部 矢ケ崎紀子准教授[2017年4月より、国際観光学部国際観光学科所属予定] 対談

近年、日本政府は観光産業を基幹産業へと成長させるための施策を積極的に推進している。その成果としてインバウンドが急速に拡大しつつある中、観光業界を担う人材の育成が急務となっている。こうした背景を踏まえ、東洋大学では2017年4月に「国際観光学部」を開設し、観光立国・日本を牽引する人材の育成を目指す。・・・

第3回「日本の国際競争力強化に向けて積極的な教育改革を」 (2017年2月16日公開)
▶齋藤ウィリアム浩幸氏(内閣府参与/株式会社インテカー代表取締役社長) × 国際地域学部 芦沢真五教授〔2017年4月より、国際学部国際地域学科所属予定]対談

グローバル化が進む現在、日本や日本企業にとっては「国際競争力の強化」が重要な課題の一つとなっている。こうした中、文部科学省は日本の高等教育の国際競争力の向上を目的に、国際化を牽引する大学に支援を行う「スーパーグローバル大学創成支援」を展開。東洋大学は同制度の「タイプB(グローバル化牽引型)」に採択されている。日本の国際競争力を高める上で必要なものとは、そして今後求められる人材とは―。

国際学部国際地域学科
第4回「開発支援やビジネスを通して各国の地域発展に貢献できる人材を」(2017年3月1日公開)
▶松尾隆氏(アジア開発銀行駐日代表事務所 駐日代表) × 国際地域学部 荒巻俊也教授 [2017年4月より、国際学部長就任予定]対談

現代の国際社会が抱える問題の一つに、開発途上地域における貧困が挙げられる。そうした地域への支援はどうあるべきか、持続性のある発展に貢献するには何が必要か──。

国際グローバル・イノベーション学科
第5回「変わりゆく国際社会でイノベーションの担い手となるために」(2017年3月2日公開)
▶明石康氏(国際文化会館 理事長/元国連事務次長) × 大学院 経済学研究科公民連携専攻 サム田渕教授〔2017年4月より、国際学部グローバル・イノベーション学科所属予定]

グローバル社会における様々な課題の解決に向け、社会システムや価値観の変革(イノベーション)が切実に求められている。これからの国際社会で必要とされるグローバルリーダー像や身につけるべき能力について、元国連事務次長の明石康氏と、東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻のサム田渕教授が対談した。

情報連携学部
第6回「情報通信技術を活用した『つながり』が新たな未来を切り開く」(2017年5月11日公開)
▶八子 知礼氏(株式会社ウフル 専務執行役員/IoTイノベーションセンター所長 兼 エグゼクティブコンサルタント)

すべてのモノがインターネットにつながる時代──。今、「 IoT( Internet of Things = モノのインターネット)」という新しい考え方が注目を集めている。この技術を活用して様々なモノや人をつなぎ、新しい価値を創造できる人材を育成するため、東洋大学は2017年4月に「情報連携学部」を新設。IoT時代に求められる学びや人材像について、ビジネス界の第一線でIoT推進に取り組み、“Mr.IoT”とも呼ばれる株式会社ウフルの八子知礼氏に聞いた。

 

 

東洋経済オンライン『世界で存在感のある大学へ』(全6回)

第1回「グローバルに活躍できる人財を育成するには」(2016年11月29日公開)
▶産業革新機構会長兼CEO 志賀俊之氏 × 竹村牧男学長 対談

日産自動車COOとしてカルロス・ゴーンCEOとともに日産自動車の復活に手腕を発揮し、現在は同社取締役副会長で、官民ファンド・産業革新機構会長兼CEOを務めている志賀俊之氏を招き、竹村牧男学長と対談いただいた。

国際観光学部
第2回「地域を支える思いを備えた観光人材を育てる」(2016年12月20日公開)
▶観光庁アドバイザー・俳優 辰巳琢郎氏 × 国際地域学部国際国観光学科 飯嶋好彦教授 対談

2017年4月、東洋大学が新設する国際観光学部の学部長に就任予定である飯嶋好彦教授が、観光庁アドバイザーや各地の観光大使等を務め、地域の観光資源の発掘・発信に詳しい俳優の辰巳琢郎氏と対談。

グローバルイノベーション学科
第3回「プロフェッショナリズムと適応力を育てる」(2017年1月16日公開)
▶インテグラル代表取締役パートナー 佐山展生氏 × 経済学部総合政策学科 今村肇教授 対談

2017年4月、東洋大学が新設する国際学部グローバル・イノベーション学科の学科長に就任予定である村肇教授が、日本におけるM&A、投資ファンドを草創期から牽引し、人材の活用・獲得・育成によって、さまざまな企業の再建、企業価値の向上を手掛けてきたインテグラル代表取締役パートナーの佐山展生氏と対談。

国際学部国際地域学科
第4回「学生時代の海外経験が大きな成長をもたらす」(2017年2月8日公開)
▶独立行政法人国際協力機構(JICA)国際協力人材部長の高島宏明氏 × 国際地域学部国際地域学科 芦沢真五教授 対談

独立行政法人国際協力機構(JICA)国際協力人材部長の高島宏明氏を迎え、学生時代の海外経験の重要性について、東洋大学国際地域学部国際地域学科の芦沢真五教授と対談いただいた。

国際文化コミュニケーション学科
第5回「異文化コミュニケーションは、新たな時代へ」(2017年3月15日公開)
▶元テニスプレーヤー 杉山愛氏 × 文学部英語コミュニケーション学科 倉田雅美教授 対談

元テニスプレーヤーの杉山愛氏を迎え、世界を舞台に活躍するために必要なコミュニケーション力について文学部英語コミュニケーションの倉田雅美教授と対談いただいた。

情報連携学部
第6回「これからの社会を動かしていく人材とは」(2017年3月29日公開)
▶住友商事相談役 岡素之氏 × 情報連携学部 坂村健学部長 対談

住友商事相談役を務め、現在はICT推進に関する総務省の懇談会などで活躍している岡素之氏と、今春、東京都北区赤羽台の新キャンパスに新設される情報連携学部(Faculty of Information Networking for Innovation and Design, INIAD)の学部長に就任予定の坂村健氏と、激動する国際社会で活躍できる人材像や育成について語り合った。

 

 

朝日新聞デジタル『THE NEXT STAGE 次の時代に求められる力』(全6回)

第1回「日本を取り巻く国際社会の動きを捉え、“変化”する大学を読み解く(2016年12月27日公開)
朝日新聞社 教育コーディネーター 一色清氏 × 竹村牧男学長 対談

東洋大学が目指す世界標準の大学とは。そして、地球社会の未来を切り拓く「人」を育成することとは─。報道番組のコメンテーターなどを務め、朝日新聞社の教育コーディネーターとして大学教育とも向き合う一色清氏と、東洋大学の竹村牧男学長が語り合いました。

情報連携学部
第2回「人や情報、システムを連携させることを学び、新しい価値を未来へと生み出していく」(2017年1月23日公開)
▶株式会社アグリメディア代表取締役社長 諸藤貴志氏 インタビュー

農業の分野でも、さまざまなイノベーションが生まれています。就農者の高齢化、遊休農地の活用などの課題を抱えるなか、株式会社アグリメディアが展開するサポート付き市民農園「シェア畑」が注目を集めています。従来の農業の枠組みを超えて、一般の人々に開かれたサービスです。「都市と農業をつなぐ」をコンセプトに、他の企業や自治体とも連携し、次々と新規ビジネスを生み出している同社。代表取締役を務める諸藤貴志氏にお話を伺いました。

グローバルイノベーション学科 国際地域学科
第3回「グローバル社会の問題解決に向けて、現場からのイノベーションを」(2017年2月13日公開)
▶株式会社マザーハウス 代表・デザイナー 山口絵理子氏 インタビュー

アジアの途上国で生産したバッグなどの商品を展開する株式会社マザーハウスの代表・デザイナー、山口絵理子氏にお話を伺いました。「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションに掲げる同社は、現地の素材や雇用にこだわり、ビジネスを通じた持続可能な地域への貢献をはかってきました。

文学部国際コミュニケーション学科
第4回「異なる国や文化と出会い、多様な考え方や本質を理解することで、“当たり前”を見つめ直し、国際人としての軸をつくる」(2017年2月22日公開)
▶映画監督・脚本家 五藤利弘氏 インタビュー

映画づくりを通して日本のローカルエリアの魅力を発信する活動も行う五藤さんは、「これからは自分とは異なる文化を尊重しながら、日本について世界に正しく発信できる人間が必要」と言います。そんな五藤さんに大学時代や仕事の話、「国際文化コミュニケーション学科」への期待を伺いました。

国際観光学部
第5回「観光を学問として学び、体験して掘り下げることで、世界の観光客のニーズに応える」(2017年3月1日公開)
▶株式会社はとバス 取締役 観光バス事業本部長 斉藤博章氏 インタビュー

東京観光の定番である「はとバス」を中心に幅広く観光事業を手掛ける株式会社はとバスで、観光バス事業本部長を務める斉藤博章氏にお話を伺いました。グローバル市場に向けて東京や日本の魅力を発信する同社に、将来の観光産業を担う人材に期待していることや、新学部で学んでほしいことなどについて語っていただきました。

国際学部グローバル・イノベーション学科
第6回「未来の予測が難しい時代に、日本の価値観を発信できるリーダーを」(2017年3月3日公開)
▶元 米国ヘリテージ財団 上級研究員 横江公美氏 インタビュー

横江氏は、トランプ氏の政権移行チームにも優秀な人員を送り込んだアメリカの名門シンクタンク「ヘリテージ財団」で、アジア人初の上級研究員として2014年まで活躍した人物です。現在は東洋大学でグローバル・イノベーション学研究センターの客員研究員を務め、2017年4月から国際学部グローバル・イノベーション学科の専任教員として着任予定の横江氏に、新学科で目指す教育や育成する人材像などを語っていただきました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)