1. トップページ
  2. 新着情報・イベント情報
  3. 神田道子元学長が瑞宝重光章を受章
MENU CLOSE

神田道子元学長が瑞宝重光章を受章

  • English
  • 日本語

4月29日(月・祝)、平成25年春の叙勲の発表があり、本学元学長の神田道子名誉教授が瑞宝重光章を受章しました。

神田道子元学長は、1935(昭和10)年生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業後、(財)労働科学研究所等に勤務。1971(昭和46)年より東洋大学文学部にて講師、助教授、教授を経て、1993(平成5)年より東洋大学文学部学部長、さらに2000(平成12)年9月から2003(平成15)年9月まで東洋大学・東洋大学短期大学長として、本学ならびに高等教育機関全体の教育研究活動の発展に尽力しました。
専門は教育社会学、女性学。

また、2004(平成16)年から2011(平成23)年6月までは独立行政法人国立女性教育会館 理事長として精力的に活動され、女性問題に関する調査研究を深めるとともに、効果的・実践的理論の構築において積極的役割を果たし、女性の地位向上に努められました。

<関連ニュース>
春の叙勲4099人 羽田元首相に桐花大綬章