MENU CLOSE

井上円了記念博物館 館内のご案内

  • English
  • 日本語

ごあいさつ

東洋大学の歴史は1887 (明治20) 年に創立された哲学館にさかのぼります。創立者・井上円了(いのうえ えんりょう)先生が唱えた「諸学の基礎は哲学にあり」という建学の精神は、現在に脈々と受け継がれています。
  井上円了記念博物館はこのような建学の精神を学内外に広くアピールすることなどを目的として、2005年4月に井上記念館内に設置されました。
  正門から「甫水の森」(ほすいのもり)と名づけたアプローチを通ってキャンパスに入ると井上円了像が出迎えてくれます。正面にあるのが井上記念館(5号館)です。 学内のみならず、社会に開かれた大学の博物館として、展覧会などを通じて、地域社会の多様な学習ニーズにこたえています。お気軽にお立ち寄りください。

井上記念館

井上記念館

井上円了記念博物館は井上記念館の1階にあります。記念館は2003年3月に完成し、博物館のほか、井上円了ホール、講義室などからなっています。

展示室案内図