スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Business Administration//大学院経営学研究科 >
  5. 学位審査について

学位審査について

  • English
  • 日本語

経営学研究科

本研究科の学位請求論文は、以下の基準により厳正に審査される。

修士学位論文審査基準

① 論文の着眼点、方法、内容、結論等における独創性
② 論文テーマ設定の妥当性、重要性
③ 論文構成の的確性、問題検討範囲の整合性
④ 先行研究のサーベイを踏まえた専門分野に関する十分な知識
⑤ データや資料に裏付けられた実証性、提案された解決策の有用性
⑥ 論旨展開における論証力、説得力、専門用語や概念の使い方における正確さ、妥当性
⑦ 引用の仕方、注の付け方、資料の利用の仕方、文献リストの作り方における妥当性

(特定課題研究論文)
特定課題研究論文の審査基準は、修士(学位)論文の審査基準に準ずるものとする。

博士学位論文審査基準

1. 学位請求論文が、現代の経営社会に貢献するものであり、未開拓の研究領域に挑戦し、そこに新たな知見を加え、また独創性を有していること。

2. 学位請求論文が、上記1に加え、高い完成度を有し、首尾一貫した論理に支えられたものであること。

3. 学位請求論文提出者が、完成した研究者能力もしくは研究者として自立して活躍できる高度な研究能力もしくは高度な専門的業務を遂行する能力を有すると認められること。

その他

厳正な学位審査体制について