スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Business Administration//大学院経営学研究科 >
  5. Overview of the Graduate School of Business Administration//経営学研究科の概要

Overview of the Graduate School of Business Administration//経営学研究科の概要

  • English
  • 日本語

Overview

The Graduate School of Business Administration has established three separate graduate degree courses with the aim of producing graduates qualified to step into positions of leadership required in today’s increasingly global society. The Business Administration course aims to produce researchers and professionals with a high degree of expertise.

The Business, Accounting and Finance course fosters international financial professionals. While the Marketing course cultivates marketing specialists. Small class sizes allow the teachers to provide personalized assistance and focus on thesis guidance.

経営学研究科は、学祖井上円了の「空論をやめて事実を持ってせよ」を基盤にした「高度な実践経営学」を理念に、専門的な経営理論と経営実践を研究する場です。

現実の経営者の意思決定は,経済人としての経営者(economic man)ではなく,限定合理性に基づいて行われている経営人(administration man)であること,経営の意思決定が合理的フレームワークに収まりきれない総合的で多面的な事象を前提にしていることを考えれば,フレームワークのみに傾注した教育のみでは,本学が志向する「実践経営学」にはなりえません。フレームワークを大切にしながらも現場の視点、現場感覚を重視するのは、新しい発想で新しい考えを生み出していく学問を追求するためです。

実践経営学を学ぶ3つの専攻は、創造性豊かでかつ高度な研究能力を有する高度職業専門家を養成しています。

特色

本研究科の院生は経営学・会計学・商学関連の諸学会に所属することができ、定期的な研究発表の場を奨励しています。
さらに、付属の「東洋大学経営力創成研究センター」では国内外の研究者とともに企業競争力の創成に関する研究を推進しており、ここでの最先端の研究は授業にも還元され、院生(主に博士後期課程)に共同研究の機会を提供するなど、最新の経営理論をリアルタイムに学べる環境を整えています。