1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 生命科学部
  5. Educational Policy for Faculty of Life Sciences (Policy)//生命科学部の教育方針(ポリシー)
MENU CLOSE

Educational Policy for Faculty of Life Sciences (Policy)//生命科学部の教育方針(ポリシー)

  • English
  • 日本語

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 極限環境に生育する生物からヒトにいたるまでの生命現象に関する基礎知識と生命現象を解析する基礎的技術を修得した上で,専門的な知識を獲得すること。
  2. 創造的思考能力を磨くことにより,「生命」「環境」の各分野における先端科学や高度な技術開発に挑戦していくことができること。
  3. 高い倫理性と幅広い視野,豊かな人間性と自立心を備え,地球社会の発展に貢献するという強い意志を有すること。

生命科学科3つのポリシー
応用生物科学科3つのポリシー

生命科学科3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

生命科学科では、生命科学の知識や技術、思考を活かして国内外で活躍できる人材、生命科学の発展に寄与する研究者や技術者を育成することを目的としています。そこで、以下のような能力を有している学生を受け入れます。

  1. 科学全般、特に生命科学に興味を持ち、高等学校で履修した科目について教科書レベルの知識を有している。
  2. 自分の考えをまとめ、他者に対してわかりやすく説明することができる。
  3. 自ら設定した目標を達成するための強い意志を有している。
  4. 生物・健康・環境などに関する問題に関心を持ち、解決に向けた活動、研究をとおして社会に貢献したいと考えている。
  5. 積極的に新しい分野を開拓したいという意欲と創造力を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生命科学科では学科の掲げる教育目標を達成するため、下記の方針に従い課程表を編成し系統的な履修を促します。

  1. 1 年次では、最新の生命科学を学ぶ前提となる基礎的な生物学を修得するために「生物学I およびII」、「基礎分子生物学」などの科目を必修科目として配置する。また、生命現象を理解し研究する上で必要な化学知識を修得するために、「基礎化学」、「化学実験」などの科目を必修科目として配置する。
  2. 生物学の基盤となる科目を修得した後、2 年次にかけて動物、植物、微生物の各生物群がもつ特徴的な生命現象に対する深い知識を醸成するために生命科学基礎科目群を配置する。また、これらの発展した科目を深く理解するために必要な知識の修得を目的として「有機化学」や「遺伝子工学」などの基礎科学科目群を開講する。
  3. 3 年次以降は、それまでの基礎的な知識を活用して生命科学に関する先端研究の情報や知識の修得、学生の進路決定の支援を目的として、専門性の高い生命科学科目群を配置する。
  4. 生命科学の様々な実験手法、論理的な思考・表現を身につけることを目的として「化学実験」、「生物学実験」、「生命科学実験I およびII」「卒業研究」を順次配置し、他の科目群で修得した知識を活用して主体的に研究活動に取り組む能力を養う。
  5. 幅広い視野を身につけるため、基盤教養科目を配置するとともに、倫理観を養うために「生命倫理」や「生命哲学」などの科目を配置する。また、生命科学の分野で国際的に活躍できる人材育成のために、3 年次まで継続的な学修を促すために英語科目群を配置する。
  6. 3 年次までに「生命科学ゼミナール」や「生命科学ゼミナールII」、「キャリアデザイン」などを配置し、プレゼンテーション力やコミュニケーション力を養い、社会で必要とされる人材の育成とともに、学生自身の将来のキャリアデザインを促す。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムの規定単位を修了し、以下に掲げる能力を習得することが学位授与の要件となります。

  1. 生命科学に関する幅広い知識と高い生命倫理観・専門技術者倫理観を身につけている。
  2. 生命科学の専門的知識と実験技術を駆使して、創造的な研究活動を行う能力を身につけている。
  3. 様々な課題に対して自主的・主体的に取り組み、論理的な思考を通して解決への筋道を立てる事ができる。
  4. プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力に優れ、他者と連携・協調することができる。
  5. 社会の構成員として必要な教養を身につけ、社会貢献に対する意識と実践するための能力を備えている。

応用生物科学科3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

応用生物科学科は,“未来を拓くバイオ”をスローガンに,生物の持っているさまざまな働きを利用して,環境,健康,資源,
食糧などの社会問題の解決に貢献できる行動力のある人材の育成を目指しています。このため,次のような学生を受け入れたいと考えています。

【知識・理解】
(1)高等学校で履修する理科(化学・生物),外国語,数学などについて,高等学校卒業相当の知識を有している。

【思考・判断・技能・表現】
(2)自分が学習した内容を的確に表現し,伝えることができる。

【関心・意欲】
(3)環境,健康,資源,食糧などの諸問題に関心を持ち,これら問題の解決のため社会に貢献する意欲がある。

【態度】
(4)対話などにより他者との相互理解に努め,自ら学び行動する態度を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

応用生物科学科では,「生物が持っている優れた機能を活用」する能力を身に付け,環境,健康,資源,食糧などの社会問題
の解決に貢献できる人材を育成するために,以下のような教育を実施します。

  1. 本学の建学の精神「独立自活」,「知徳兼全」を涵養する基盤教育科目を配置し,グローバル人財を育成するための哲学教育,語学教育,キャリア教育を行います。
  2. 生命科学に関する基礎知識を学修する科目群を1,2年次の必修科目に配置するほか,自身の方向性・将来性を模索するための手がかりとして「応用生物科学序論」を開講します。
  3. 1 年次後半以降,系統的に専門性を養うための「応用動物コース」,「植物資源利用コース」,「微生物利用コース」,「生命環境コース」の4つのコースを配置します。
  4. 化学実験、バイオテクノロジー実験、生物学実験、生化学実験、分子生物学実験などの実習でバイオテクノロジーに関する技術を修得します。
  5. 3 年次後半から研究室に配属し,1 年半かけて卒業研究を実施し,卒業論文を執筆することで,生物の機能を活用できる専門性を養います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

応用生物科学科の学位授与の要件は次のとおりです。

【知識・理解】
(1)生命科学とその応用に関する幅広い専門知識を有する。
(2)専門知識を社会に還元するための実践的能力を有する。

【思考・判断】
(3)生命科学の知識や技術を活かし,環境,健康,資源,食糧などの人類社会の諸問題を解決するための課題探求能力および問題解決能力を有する。

【技能・表現】
(4)物事を多面的かつ論理的に考察し,その内容を的確に情報発信し,他者とのコミュニケーションを通じて,より良い社会
の構築に貢献する能力を有する。

【関心・意欲】
(5)人類社会の諸問題に関心をもち,これら問題の解決のため生命科学の知識や技術を活かす意欲がある。

【態度】
(6)東洋大学の建学の精神である「独立自活」,「知徳兼全」に基づいて行動できる。