1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 生命科学部
  5. Overview of the Faculty of Life Sciences//生命科学部の概要
MENU CLOSE

Overview of the Faculty of Life Sciences//生命科学部の概要

  • English
  • 日本語

生命科学部

Educational Goals

We develop students’ creative-thinking ability and sense of ethics to contribute to the development of global society based on a comprehensive understanding of life.

Overview

Biotechnology, which is derived from genetic engineering and cell fusion, has been applied in science, agriculture, engineering, and medicine, and has achieved breakthrough innovations in the fields of medicine, food, and the environment. Life science is the integration of biotechnologies in various fields.

The Faculty of Life Sciences was founded in April, 1997, and places a greater emphasis on this field than other universities. Since then, we have been studying life at the molecular level and conducting research on life phenomena, ranging from the microorganism to the human level. In particular, our study on extremophiles, organisms living in extreme environments, has achieved some of the most notable results in the country.

Currently, many life science issues are receiving much attention, such as regenerative medicine, food problems, and environmental problems. The field of life science aims to contribute solutions to these problems. We try to understand life comprehensively by investigating life phenomena at the genetic, cellular, and individual levels. We also prepare students to contribute to social development in the fields of medicine, environment, agriculture, food, and education.

Department of Life Sciences

 Admission quota: 113 students

The 21st century is the era of biology.

We investigate a number of mechanisms of living organisms through cutting-edge technologies.

Further information

Department of Applied Biosciences

 Admission quota: 113 students

Monodzukuri for the 21st century. 

We apply biological functions of excellence to the eco-friendly “Monodzukuri.”

Further information

教育目標

生命の総合的理解の上に立って、地球社会の発展に貢献できる、創造的思考能力と高い倫理観を合わせもった人材を育成します。

概要

遺伝子操作や細胞融合などから開発されたバイオテクノロジーという技術は、理学・農学・工学・医学などの分野でとりいれられ、それぞれ医療分野・食糧分野・環境分野において大きな技術革新を起こしました。このそれぞれの分野で行われていた「バイオテクノロジー」という技術を統合したのが「生命科学」です。
東洋大学は平成9年4月、他大学に先駆けてこの領域の重要性に着目し、生命科学部を誕生させました。以降、「いのち」を分子レベルでとらえ、微生物からヒトにいたるまでの生命現象を探究。中でも「極限環境下」で生きる微生物の研究分野は、国内有数の実績があります。
今、再生医療や食糧・環境問題などの“いのち”をとりまくさまざまな問題がクローズアップされています。そしてこのような課題に対して、生命科学分野からの貢献が期待されています。生命科学部は、生命現象の謎を遺伝子レベル、細胞レベル、個体レベルで明らかにし、生命の総合的な理解を目指します。また、医療・環境・農・食・教育などの分野で社会の発展に貢献できる人材育成をめざします。

生命科学科 入学定員 113名

21世紀はバイオの時代
生物のさまざまないのちの仕組みを最先端技術で探究します

生命科学科の詳細はこちら

応用生物科学科 入学定員 113名

21世紀型のものづくり
生物が持つ優れた機能を環境にやさしいものづくりへと応用します

応用生物科学科の詳細はこちら

キャンパス

板倉キャンパス
【交通アクセス】