1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 生命科学部
  5. 「暑熱ストレス」の研究が上毛新聞で紹介されました
MENU CLOSE

「暑熱ストレス」の研究が上毛新聞で紹介されました

  • English
  • 日本語

生体医工学研究センターの板倉キャンパス・チーム(代表:児島伸彦・生命科学部生命科学科教授)が進める「暑熱ストレス」の人体への影響の研究が、上毛新聞(2017年7月30日付)で紹介されました。板倉キャンパスに隣接する館林市は「日本一暑いまち」をうたっており、暑さを売りにして活性化させようとしています。児島教授は、「地域特性を活かした研究を推進し、地域貢献につなげたい」とコメントしています。

本研究は、生体医工学研究センター(代表:加藤和則・理工学部生体医工学科教授)の研究プロジェクトの一環として行われています。研究の詳しい情報は、同センターのホームページ(http://www.toyo.ac.jp/site/bme/)をご覧ください。