1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部
  5. 東洋大学文学部伝統文化講座「王朝文学に描かれた管絃と舞―貴族の家の音楽教育―」を開催
MENU CLOSE

東洋大学文学部伝統文化講座「王朝文学に描かれた管絃と舞―貴族の家の音楽教育―」を開催

  • English
  • 日本語

東洋大学文学部伝統文化講座「王朝文学に描かれた管絃と舞―貴族の家の音楽教育―」を開催

平成27(2015)年12月5日(土)午後2時45分より、白山キャンパス井上円了ホールにて、東洋大学文学部伝統文化講座「王朝文学に描かれた管絃と舞―貴族の家の音楽教育―」が開催されました。王朝文学における管絃を取り上げた本講座は、今年で8回目となりますが、今回も、これまですべての回でご指導をいただいている石田百合子氏の解説で実施されました。


テーマⅠは、「貴族の邸の小音楽会」として、王朝最上流貴族の管絃の演奏会が再現されました。「和琴」を石川高氏、「琵琶」を中村かほる氏、「筝」を中村仁美氏、「笙」を宮田まゆみ氏、「横笛」を八木千暁氏、「七絃琴」を荒井雄三氏と、我が国を代表する管絃演奏家メンバーにより、名曲「越天楽」が演奏されました。
テーマⅡは、「姫君たちの音楽教育」として、『源氏物語』「宇治十帖」に登場する没落の皇族・八の宮が、熱心に娘たち(大君・中の君)に音楽教育を施すことが取り上げられ、大君と中の君の「筝」と「琵琶」に、「横笛」の合奏場面が再現されました。

筝、琵琶、横笛の合奏場面

テーマⅢは、「音楽の家の芸の伝承」として、『古今著聞集』にも収録されている「足柄山の秘曲伝授」が取り上げられました。豊原時秋が、源義光に、「笙」の秘曲の伝授を求める史実として著名な場面ですが、石田百合子氏の解説に従って、「笙」の伝授の演奏の場面は、宮田まゆみ氏と石川高氏、さらに、『古今著聞集』の当該場面の朗読を、本学学生茂田孔徳君が行いました。

笙の伝授の演奏

テーマⅣは、「貴族の子弟の舞の稽古」として、王朝最上流貴族の家で行われた「童舞」の稽古の実際が披露されました。石田百合子氏の当時の「舞の師」の実情に即した解説により、王朝貴族の豊かな生活文化が生き生きと再現されました。「童舞」は、五月女愛氏、師匠役は、中村かほる氏が務められました。

童舞の稽古

いずれのテーマも、石田百合子氏の解説とともに上演が行われ、普段なかなか体験することのできない管絃と舞の世界がわかりやすく理解できる機会となりました。
また、本公演の資料作成、進行には、本学校友の石澤伯子氏、またその他受付等に、王朝文学文化研究会の協力を得ました。
なお、入場者数は、本学学生・卒業生、近隣および一般の方々など、計480名でした。

集合写真