1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部
  5. 平成25年度 東洋大学伝統文化講座「能楽鑑賞教室」を開催しました
MENU CLOSE

平成25年度 東洋大学伝統文化講座「能楽鑑賞教室」を開催しました

  • English
  • 日本語

10月5日(土)能楽鑑賞教室を開催

平成25(2103)年10月5日(土)14時00分より白山キャンパスにおいて、文学部日本文学文化学科主催による能楽鑑賞教室を行いました。会場の井上円了ホールは学生のほか一般の方も足元の悪い中多数来場し、ほぼ満員となりました。

解説

この鑑賞教室は、文学部伝統文化講座のひとつとして毎年開催しているもので、今回で10回目。さらに世阿弥生誕650年記念としての能楽鑑賞教室でもあります。今年も演能団体「銕仙会(てっせんかい)」にご協力をいただき、日本の伝統文化に触れる貴重な機会となりました。 

能楽鑑賞会は、銕仙会 笠井賢一氏と日本文学文化学科 原田香織教授による「『風姿花伝』を読む」と題し、世阿弥の習道論について資料をもとにわかりやすく解説が行われました。

舞の指導

次に、学生代表4名(モデル)が登壇し、能の動きの体験、能楽の基本「謡」と「舞」について柴田 稔氏、鵜澤 光氏の指導のもと体験しました。「舞」では、鋭い指導が入るたびに、会場からは温かい声援が学生代表に届いていました。

また、「謡」では、その後、上演される能『清経』での一部分を会場内の来場者と体験した後、本日の演目である 狂言「因幡堂」 能「清経」の上演を鑑賞し、鑑賞教室は閉会となりました。

能「清経」