1. トップページ
  2. 附属図書館
  3. データベース >
  4. Surutto TRiTON//するっとTRiTON
MENU CLOSE

Surutto TRiTON//するっとTRiTON

  • English
  • 日本語

About the database, electronic book utilization system "Surutto TRiTON".

Done and TRiTON login

"Surutto  TRiTON" is a login system using EZproxy

With this system, users can use Toyo University contract databases, E-books and online journals inside and outside the university. (There is an available database only on part campus)


  1. Attention on the use

  2. Procedures


1. Attention on the use

A database read attention on the use of an electronic resource carefully,  and please observe.

When using PC of NO community and sharing from the PC which is not your possession in spite of off-campus and on campus, confirm the situation of the security sufficiently, and please eliminate the information after using it, which are the history of the browser and the temporary save file when downloading it, etc. (When logging in by each account like PC classroom on campus, it is not necessary to be eliminated)

 

2. Procedures

[Way 1]

When the database you would like to use by "online database search" from the OPAC website menu is indicated, and a link is clicked, a login screen of "Surutto TRiTON" is indicated. When you log in, it is connected to the database.

[Way 2]

Access Surutto TRiTON (http://stri.toyo.ac.jp/), and input the integration ID and a password, and please log in. When one in the Library home page Surutto TRiTON logo are clicked, access the login screen.

Please be sure to press the "log-off" "log - out" "Exit" button after each data base use. When the browser is closed without logging off, restriction is judged as the condition is accessed, and begins to use to the other ones.

When you login to Surutto TRiTON done once, you can log into more than one data base just as it is until a session can be stopped. As long as a data base is being used, a session is continued. When leaving a screen while opening, it will be session time-out in 15 minutes. Also pay attention at session time-out time of each data base, and consideration, please, so that it is not left and occupied.


Surutto TRiTON commemoration interview

Teachers educated database and digital device, and how did it be utilized or interview in the study? It will be expected to be hearing a story from teachers of various faculty one after another, too from now on.

Surutto TRiTON commemoration interview Vol.1 (Mr. Takashi Sawaguchi) [PDF file /504KB]

データベース・電子ブック利用システム「するっとTRiTON」について

するっとTRiTONログイン

「するっとTRiTON」はEZproxyを利用したログインシステムです。
本システムにより、ユーザーは東洋大学の契約データベース・電子ブック・電子ジャーナルが学内外で使用可能となります(一部学内のみ利用可能のデータベースがあります)。


  1. 利用上の注意

  2. 利用方法


1. 利用上の注意

データベース等電子リソースの利用上の注意を熟読し、厳守してください。

学外・学内を問わずの公共・共有のPCなど、自身の所有物でないPCから利用する場合、セキュリティの状況などを十分に確認し、利用後はブラウザの履歴やダウンロード時の一時保存ファイル等の情報を削除してください(学内PC教室のように個々のアカウントでログインする場合は削除の必要はありません)。

 

2. 利用方法

[方法1]

図書館WebサイトOPAC画面メニューから「オンラインデータベース検索」で利用したいデータベースを表示し、リンクをクリックすると「するっとTRiTON」のログイン画面が表示されます。ログインするとデータベースに接続します。

[方法2]

するっとTRiTON(http://stri.toyo.ac.jp/)にアクセスし、統合ID・パスワードを入力してログインしてください。図書館ホームページ内のするっとTRiTONロゴをクリックするとログイン画面にアクセスします。

各データベース使用後は必ず「log-off」「log-out」「Exit」 ボタンを押してください。ログオフせずにブラウザを閉じると、アクセスしたままと判断され、他の方の利用に制限がかかります。

一度するっとTRiTONにログインすると、セッションが切れるまでは複数のデータベースにそのままログインできます。また、データベースを利用している限りセッションは継続されます。画面を開いたまま放置した場合、15分でセッションタイムアウトとなります。各データベースのセッションタイムアウト時間にも注意し、放置・占有しないよう配慮をお願いします。


するっとTRiTON記念インタビュー

データベースやデジタルデバイスを先生方が教育、研究にどのように活用されているかインタビューをさせていただきました。今後いろいろな学部の先生方にもどんどんお話しを伺いする予定です。

するっとTRiTON記念インタビューvol.1(澤口隆先生) [PDFファイル/504KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)