1. トップページ
  2. 附属図書館
  3. 朝霞図書館特別講演会 「コミュニケーションを 「デザイン」する -広告・TVCMの現場から-」を開催しました
MENU CLOSE

朝霞図書館特別講演会 「コミュニケーションを 「デザイン」する -広告・TVCMの現場から-」を開催しました

  • English
  • 日本語

2016年7月4日(月)、朝霞図書館アクティブエリアにて「コミュニケーションを「デザイン」する -広告・TVCMの現場から-」と題し、特別講演会を開催いたしました。

今回は講師として、広告・コマーシャル・プロモーション業界でご活躍されている平田敬氏をお招きし、お話をうかがいました。平田氏は、クリエイティブ・ディレクター、フィルム・ディレクター、カメラマン、コピーライター等さまざまなかたちで長きに渡り広告・メディア業界に携わってきました。その中で経験したこと、感じたこと、映像技術の進化や携わる人々の役割について、実際に制作に関わった映像を流しながらお話されました。

朝霞図書館講演会1

 朝霞図書館講演会2

また、講演の後半では、プロモーション業界を取り巻く状況の変化とこれからについても述べられました。氏によると、「テレビコマーシャル」という広報手段が長年に渡り重要な役割を担ってきたなか、近年台頭してきたSNS(ソーシャルネットワークサービス)が持つ影響力と可能性を抜きにしてプロモーションはできない。同時に、テレビコマーシャルが従来の「消費者の購買意欲をかき立てる」というはたらきから「人々の日常生活における価値観の変革を起こすきっかけを与える」役割を担うようになってきた。撮影技術や機材の進化も著しいが、だからこそ、人間にしかできない視点や発見を研ぎ澄ませて行く必要がある、と結びました。

講演終了後には、講師に質問に行く学生も。また、会場では今回のテーマに沿った図書館資料の展示も実施しました。講演会終了後、足を止めて資料を読む参加者の姿が見られました。

朝霞図書館講演会3 朝霞図書館講演会4