1. トップページ
  2. 学習支援室
  3. The purpose and the support contents//目的・支援内容
MENU CLOSE

The purpose and the support contents//目的・支援内容

  • English
  • 日本語

The goal and support contents

What is Hakusan campus learning support center?

Student receives everyone's question of learning and consultation and is supporting it with the various shapes at Hakusan campus learning support center.
Are there such desires to learn and theme for all of the student?

* I'd like to write a good report.
* I'd like to raise a presentation skill.
* I'd like to learn the manner of the preparation and the review.
* I'd like to know how to look for it a document and material and a tool.
* I'd like to obtain a license for language study. I'd like to aim at a score rise.

A Graduate School raw staff of Toyo University (TA:Teaching Assistant) supports everyone's learning at the learning support center.
The various lectures useful for learning are put into effect and the match which raises the learning effect is advanced.
There is a place by the various learning Library and the PC classroom which are a treasure house of intellect besides the class classroom in the university.
Every one of the students will utilize the large number of facilities and material available in an effective way, aiming to make the best of their learning experience.

The learning support room consultation landscape The workshop landscape

Various support contents

TAs are all, Graduate School of the university, so please consult any time.
A reception staff is also stationed in all except for in-office time of a TA in opening hours. Opening hours check this, please.

(1) consultation which affects miscellaneous problems on the learning
(2) the way to fill out consultation of a report thesis and how to check it a document and material, consultation
(3) support which affects basic academic skill improvement to the high school
(4) support which affects the qualification acquisition
(5) support which affects information literacy
(6) Japanese writing support which corresponds to overseas students and the way to fill out consultation of a thesis
(7) rent of a seminar room and a laptop computer of support room jurisdiction

 Lectures will start variously. Please check this for details.

TA staff introduction

Message from the learning support adviser (fiscal year 2018 Spring semester)

Jyuri Kinomura

Name:

Juri Kinomura

Belonging:

Graduate School of Sociology, Course of Sociology doctoral latter period course

Charge day of the week:

Monday 10時00分: - 1 8時00分, and Friday 10時00分 - 18時00分

Comments:

I feel like I'm doing it right but,"Is this method is right?" Don't you  feel like asking that?
Please come to the learning support center by all means anytime. Let's think together.
Major is sociology. As far as it's also possible by a question in professional outside, it corresponds. Please also have all except for learning.

Kana Nishimoto

Name:

Kana Nishimoto

Belonging:

Graduate School of Law, Course of Public Law doctoral latter period course

Charge day of the week:

Monday 14時00分 - 18時00分,  and Tuesday 10時00分 - 18時00分

Comments:

The law is very close.
The person who feels that study of law is difficult come to talk by all means, please.
The question made vague and consultation as well as the class contents and a question in detail about a report aren't minded.
Everyone has an interest in a law, and study of a law should be very much obliged if you can start to feel even a little fun.

Takayuki Suzuki

Name:

Takayuki Suzuki

Belonging:

Graduate School of Law, Course of Public Law doctoral latter period course

Charge day of the week:

Thursday 10時00分 – 18時00分, and Friday 10時00分 - 14時00分

Comments:

It's being studied about a constitution.
It'll be confronted with a test and a report using many languages, laws and precedents in Faculty of Law.
Be everyone's knowledge, not to memorize these freely.
Though I have poor ability, I'd like to help you.
Please also consult about being concerned with a big student way as well as learning any time.

Mariko Shimizu

Name:

Mariko Shimizu

Belonging:

Graduate School of Letters, Course of Japanese Literature and Culture doctoral latter period course

Charge day of the week:

Thursday 10時00分 - 18時00分

Comments:

Wouldn't you like to hear about the "learning" now?
I discussed who I am, knew what isn't understood and noticed the power by which one is sleeping.
A major is Japanese modern literature, but it's equipped in the future from a basis of speaking and is the expressive power and communication ability to write it using experience of an education course.
I even do raised advice.
Please also come to practice of presentation. A university senior (board) will also welcome raw learning change.

Yoichi Mizumura

Name:

Yoichi Mizumura

Belonging:

Graduate School of Economics, Course of Economics, Doctoral Program

Charge day of the week:

Monday 10時00分–14時00分, and Tuesday 14時00分–18時00分

Comments:

I am pursuing research into small and medium size business policies and industrial policies.
Economics is an interesting and challenging but rewarding area of study once learners understand the basics.
If there is something you do not understand or would like to know more about regarding economics, please feel free to come and ask me.
In addition, I have studied abroad at an university in Germany, so if you are interested in studying aboard in Germany and need someone to turn to for advice, for instance on security matters or life as an international student in the country, or have any other concerns about studying abroad, I am pretty sure I can help you.
Furthermore, if you have any questions about campus life at Toyo University, please feel free to ask me, too.

Ayumu Uemura

Name:

Ayumu Uemura

Belonging::

Graduate School of Regional Development Studies, Course of Regional Development Studies, Master's Program

Charge day of the week:

Wedesday 10時00分–18時00分, and Friday 14時00分–18時00分

Comments:

My name is Uemura, and I am in the Course of Regional Development Studies.
Although some people may not know this, Regional Development Studies has great relevance to our everyday lives. It is an area of study that requires deep contemplation, with research topics ranging from city planning for communities and community communication to evacuation routes and disaster prevention.
If you are interested in Regional Development Studies or would like to know more about this area of study, please feel free to come and ask me.

Sautto Chiara

Name:

Sautto Chiara

Belonging::

 Graduate School of Letters, Doctoral Course of Japanese Literature and Culture

Charge day of the week:

  Tuesday 10時00分 - 18時00分,Thursday 10時00分-14時00分,and Friday 10時00分-14時00分

Comments:

Hello everybody! I’m Chiara. I came from Italy last year to pursue a PhD here in Japan, and I’ll be at the centre every Wednesday, hoping to help you with English and any trouble you might be having with your studies. I look forward to meeting you all!      

Kiyonori Matsushima

Name:

Kiyonori Matsushima

Belonging::

Graduate School of Regional Development Studies, Course of Regional Development Studies doctoral latter period course

Charge day of the week:

 Wednesday 14時00分-18時00分, and Friday 14時00分 - 18時00分

Comments:

 My research topic is about Small-scale business activities in rural Africa. The image of Africa here in Japan, unfortunately, is a bit negative for poverty, underdevelopment and bad security. However, people should be aware that there so many powerful people with creative wisdom under so much diversified culture and environment. The Regional Development Studies should understand the issues of the people from the view point of people’s daily life through inter-related approach. Anybody who need support to understand the Study and also English are welcome. Especially, people who are interested in Japanese ODA program and policy are most welcome.

Gaku Kutsuzawa

Name:

Gaku Kutsuzawa

Belonging::

Graduate School of sociology, Course of social psychology, Doctoral Program latter period course

Charge day of the week:

 Tuesday 14時00分-18時00分, and Wednesday 10時00分-18時00分

Comments:

My name is Gaku kutsuzawa. My major is social psychology. If you have any questions about your classes, please feel free to come to the office of learning support services.If you need any information, I’m happy to help. It doesn’t matter what your major is. Of course I’m here to help you study but let me know, if you want to talk about college life.

Yuta Takiguchi

Name:

Yuta Takiguchi

Belonging::

Graduate School of Sociology, Course of Social Psychology, Doctoral Course

Charge day of the week:

 Monday 10時00分-18時00分, and Thursday 14時00分-18時00分

Comments:

Hello, everyone! I study psychology at graduate school. Especially, I’m interested in the lie of human, and research about the function and processes of lie. The contents that are addressed in psychology is not only human lie, but also all matters relating to human activity, thereby the questioning mind would be facilitating. I could tell you a lot about psychology, how to learn English, and questions of teacher-training course (because I have a teaching license for elementary school). I’m glad for you to come to talk with me enjoyably.

目的・支援内容

白山キャンパス・ラーニングサポートセンターとは?

白山キャンパス・ラーニングサポートセンターでは、学生みなさんの学びの疑問や相談を受けて、
いろいろな形でサポートをしています。

学生のみなさんは、このような学習意欲や課題はありませんか。

・良いレポートを書きたい。
・プレゼンテーションスキルを高めたい。
・予習や復習の仕方を学びたい。
・文献・資料の探し方やツールを知りたい。
・語学の資格を取りたい。スコアアップを目指したい。
 

ラーニングサポートセンターでは、学習アドバイザー(TA:Teaching Assistant)が皆さんの学習をサポートします。
また、学習に役立つさまざまな講座を実施して、学習効果をあげる取組みを進めていきます。
大学のなかには、授業教室以外に知の宝庫である図書館やPC教室などさまざまな学びの場があります。
多くの施設や資料を有効的に活用し、実りある学びができるよう目指しましょう。

学修支援室相談風景 ワークショップ風景

各種支援内容

TAは全員、本学の大学院生ですので、気軽に相談してください。
TAの在室時間以外も、開室時間中は受付に職員が常駐しています。開室時間は、こちらをご確認ください。

(1)学習上の諸問題に係る相談
(2)レポート・論文の書き方相談、文献・資料の調べ方相談
(3)高校までの基礎学力向上に係る支援
(4)情報リテラシーに係る支援
(5)留学生に対応した日本語ライティング支援、論文の書き方相談
(6)センター所管のプレゼンテーションルーム及びノートPCの貸し出し

各種講座を開講いたします。詳細はこちらをご確認ください。

TAスタッフ紹介

学習支援アドバイザーからのメッセージ(2018年度 春学期)

 

木野村 樹里

氏名:木野村 樹里(キノムラ ジュリ)
所属:社会学研究科社会学専攻博士後期課程
担当曜日:

月曜日10時00分-18時00分、金曜日10時00分-18時00分

コメント:自分ではちゃんとやっているつもりだけれど、誰かに「このやり方であってる?」って訊きたくなることありませんか?
そんなときにはぜひラーニングサポートセンターにいらしてください。一緒に考えましょう。
専門は社会学。専門外の質問にも可能な限り対応します。学問以外のこともどうぞ。

 

西元 加那

氏名:西元 加那(ニシモト カナ)
所属:法学研究科公法学専攻博士後期課程
担当曜日:

月曜日14時00分-18時00分、火曜日10時00分-18時00分

コメント:法律は、非常に身近なものです。
法律の勉強を難しいと感じていらっしゃる方は、ぜひお話しにいらしてください。
授業内容やレポートに関する具体的な質問はもちろん、漠然とした疑問や相談でもかまいません。
みなさんが、法律に興味を持ち、法律の勉強を少しでも楽しいと感じるようになっていただければ幸いです。

 

鈴木 崇之

氏名:鈴木 崇之(スズキ タカユキ)
所属:法学研究科公法学専攻博士後期課程
担当曜日:

木曜日10時00分-18時00分、金曜日10時00分-14時00分

コメント:憲法について研究をしています。
法学部では多くの専門用語や法律・判例を用いてテストやレポートに向き合うことになります。
これらをただ暗記するのではなく、皆さんの知識となるように
微力ながらお手伝いさせていただきたいと思っています。
学問に限らず、大学生活に関することもお気軽にご相談ください。

 

清水 麻利子

氏名:清水 麻利子(シミズ マリコ)
所属:文学研究科日本文学文化専攻博士後期課程
担当曜日:木曜日10時00分-18時00分
コメント:

今の「学び」について聞いてみたいことはありませんか。
私も誰かに相談してみて、何が分からないかが分かったり、自分の眠っている力に気付いたりしたものです。
専門は日本近代文学ですが、教職の経験を活かし、書くこと話すことの基本から、将来に備えて表現力とコミュニケーション能力を高めるアドバイスまで致します。
プレゼンテーションの練習にもどうぞ。シニア大学(院)生の学び直しも歓迎致します。

水村 陽一

氏名:水村 陽一(ミズムラ )
所属:経済研究科経済学専攻博士後期課程
担当曜日:

月曜日10時00分-14時00分、火曜日14時00分-18時00分

コメント:

ドイツの中小企業、産業政策に関する研究をしています。

経済学は基礎をしっかり理解できていれば、とても楽しく、やりがいのある学問です。

もし分からない事やより深く理解したいと思ったら、気軽に相談に来ていただければと思います。

また私はドイツの大学に留学経験も有りますので、留学に対する不安やドイツへの留学でしたらある程度の治安や生活に関するアドバイスができるかと思います。その他大学生活に関する事でも、遠慮せずお気軽にご相談ください。

 

上村 歩

氏名:上村 歩(ウエムラ アユム)
所属:国際地域研究科国際地域専攻博士前期課程
担当曜日:水曜日10時00分-18時00分、金曜日14時00分-18時00分
コメント:

国際地域学を専攻している上村です。

国際地域学は、意外と身近な学問であり地元でのまちづくりや、地域でのコミュニケーション、避難経路、災害予防など奥が深い学問です。

興味がある方や、気になる方は是非お聞きください。

サウット キアラ

氏名:サウット キアラ
所属:文学研究科日本文学文化専攻博士後期課程
担当曜日:火曜日10時00分-18時00分、木曜日10時00分-14時00分、金曜日10時00分-14時00分
コメント:

皆さん、初めまして!キアラです。日本の大学で博士号をとるために去年イタリアから参りました。毎週の水曜日、ラーニングサポートセンターにいるので、もし英語や他の勉強で困っていることがあったら、是非立ち寄ってください!力になれるように頑張ります。お待ちしています~。

松島 恭範

氏名:松島 恭範(マツシマ キヨノリ)
所属:

国際地域学研究科国際地域学専攻博士後期課程

担当曜日:

水曜日10時00分-18時00分、金曜日14時00分-18時00分

コメント:

アフリカ農村地域の小さなビジネス活動について研究しています。日本では、アフリカは貧しい、未開、危険などの悪いイメージがまだまだ一般的ですが、実は、多様で豊かな社会環境の中で、日々を懸命に暮らす人々のパワーに驚かされます。国際地域学でわからないこと、また、世界を知る上で必須な英語でわからないことがあれば、何でも聞きに来て下さい。青年海外協力隊への応募や国際協力業界に興味のある方、大歓迎

沓澤 岳

氏名:沓澤 岳(クツザワ ガク)
所属:

社会学研究科社会心理学専攻博士後期課程

担当曜日:

火曜日14時00分-18時00分、水曜日10時00分-18時00分

コメント:

沓澤です。専門は社会心理学です。授業に関する質問や相談がありましたら、ぜひ、ラーニングサポートセンターにいらしてください。心理学や統計に関することはさることながら,皆さんの力となるように専門外の質問でも可能な限りお手伝いさせていただきたいと思っています。学生生活などに関してもお気軽にご相談ください。

滝口 雄太

氏名:滝口 雄太(タキグチ ユウタ)
所属:

社会学研究科社会心理学専攻博士後期課程

担当曜日:

月曜日10時00分-18時00分、木曜日14時00分-18時00分

コメント:

みなさん、こんにちは。私は心理学について大学院で勉強しています。特に、人の嘘について興味があり、その働きやプロセスなどを研究しています。心理学で扱う内容は、嘘だけに限らず、人が関わることすべてになりますし、探究心が擽られることばかりです。心理学や英語、そして、小学校の教員免許も持っておりますので、教職関連含めて、お話しできることが多いと思いますので、まずはお気軽に話に来てもらえるとうれしいです。