1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Law//法学部
  5. 2016年度宇宙法模擬裁判日本大会で原告弁論 第1位・第2位を受賞(法学部国際法ゼミ)
MENU CLOSE

2016年度宇宙法模擬裁判日本大会で原告弁論 第1位・第2位を受賞(法学部国際法ゼミ)

  • English
  • 日本語

Toyo students win first and second prize in the plaintiff’s argument category in the Japan national round of the Moot Court Competition

A team of Toyo students from the International Law Seminar of the Faculty of Law participated in the 12th Japan national round of the Manfred Lachs Space Law Moot Court Competition held at the Surugadai campus of Digital Hollywood University on Sunday, March 12,2017. Two pleaders from the team—Takumi Momiyama (junior, Department of Business Law, right) and Ryosei Nakamura (junior, Department of Business Law, left) —won the first and second prize, respectively, in the plaintiff’s argument category.

Other participating teams were from Japanese major universities including the University of Tokyo, Kyoto University, Waseda University and International Christian University. This year’s winner, Waseda University, was the only other team that produced two individual award winners at this event. The Toyo University team, which included a number of sophomores, who will become full members of the International Law Seminar this coming April, was highly evaluated for its enthusiasm for the event.

<Related articles>
AY 2014 TOYO people: Toyo University International Law Seminar members aiming to win the P.C. Jessup International Law Moot Court Competition (in Japanese only)

宇宙法模擬裁判日本大会で原告弁論 第1位・第2位受賞

平成29(2017)年3月12日(日)、デジタル・ハリウッド大学駿河台キャンパスで開催された第12回「宇宙法模擬裁判日本大会」で、本学法学部国際法ゼミの代表として参加した弁論者の籾山拓海さん(企業法学科3年/写真右)が原告弁論第1位、中村亮成さん(企業法学科3年/写真左)が同第2位の個人賞を受賞しました。

今大会には、東京大学、京都大学、早稲田大学、国際基督教大学、東洋大学など、トップクラスの大学が参加。一つのチームから2名の個人賞を出したのは、今回の優勝校の早稲田大学と東洋大学だけであり、また本学は4月から本格的にゼミに参加する2年生も今大会に弁論者として出場するなど、その積極性が高く評価されました。

<関連記事>
2014年度 TOYO people:「国際法模擬裁判」で仲間たちと頂点をめざす 東洋大学国際法ゼミ

国際法ゼミ