1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 公開講座
  4. 板倉キャンパスオープン講座学術講演会“滅び”の視点から読む『源氏物語』―「紫の上の生涯」を考える―
MENU CLOSE

板倉キャンパスオープン講座学術講演会“滅び”の視点から読む『源氏物語』―「紫の上の生涯」を考える―

  • English
  • 日本語

“滅び”の視点から読む『源氏物語』
―「紫の上の生涯」を考える―

講師河地 修(東洋大学大学院文学研究科客員教授)
日程

平成28年6月4日(土)
10時00分~12時00分(120分)

会場東洋大学板倉キャンパス
受講料無料
定員100名

講座趣旨

 『源氏物語』を代表する男女両主人公が、光源氏と紫の上であることは言うまでもありません。そして、最高の女性主人公である紫の上は、若くして光源氏と出会い、その後、多くの危機を乗り越えながらも、見事に、この物語を生き抜きました。
  たしかに、紫の上という女性は、『源氏物語』最高のヒロインとして、多くの読者を魅了してきました。そして天皇家の血筋に繋がる気高さと天性の人間性を兼ね備えた女性像は、他のどの女君と比べても格段の魅力に満ち溢れています。しかし、紫の上の生涯というものを、当時の社会状況の中で、冷静かつリアルに考えてみれば、そこに見出されるものは、滅びゆく王朝貴族の“不安とかなしみ”に他ならないと言うことができます。
  今回は、作者紫式部が、エンターテイメントである華やかな「物語」の底部に、リアリスト特有の冷徹な視線で深く籠め置いた「もののあはれ」を、“紫の上の生涯”に探ります。

申込方法

ハガキに「板倉キャンパスオープン講座」受講希望と記入のうえ(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名(フリガナ)、(4)電話番号を明記し下記申込先にお送りください。
※ 下記申込期間終了後に「受講証」をお送りいたします。なお、定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

申込先

〒374-0193 群馬県邑楽郡板倉町泉野1-1-1
東洋大学板倉事務部板倉事務課
「板倉キャンパスオープン講座」係
TEL:0276-82-9112

申込期間
平成28年4月1日(金)~ 5月13日(金)必着
受講証発送予定日 5月20日(金)
※ 申込時にご記入いただいた住所への到着まで2~ 3日お待ちください。