1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 公開講座
  4. (実施)シリア、南スーダン・ロヒンギャ、そして日本-グローバル化する難民問題を考える-
MENU CLOSE

(実施)シリア、南スーダン・ロヒンギャ、そして日本-グローバル化する難民問題を考える-

  • English
  • 日本語

白山オープン講座2 「NPO/NGO、CSR」という視点を通して考える社会貢献のあり方

 

講師

林 大介 (東洋大学社会学部非常勤講師)

日程平成29年7月1日(土)~7月22日(土)
毎週土曜日:全3回 ※7月15日を除く
13時00分~15時00分(120分)
会場1608教室
受講料

無料

定員30名

 

 

 

 

(実施)シリア、南スーダン・ロヒンギャ、そして日本-グローバル化する難民問題を考える-

講座趣旨 

全5回を通して難民問題をテーマとします。難民問題の歴史や現在のトレンドについておさえたうえで、シリア、南スーダン、ロヒンギャ(ミャンマー)など、世界各地で生じている難民問題について学びます。現場最前線で活動するNGO職員が毎回講師を務めますので、ライブ感覚にあふれた話を聞くことができます。最終回では、国際協力NGOの活動をヒントに、私たちにできることを具体的に考えてみたいと思います。
 本講座では、国際協力NGOセンター(JANIC)の協力のもと、貧困削減や環境、紛争や難民問題といったさまざまなグローバル・イシューをとりあげていきます(JANICは、日本の国際協力NGO団体を正会員とする、ネットワーク型国際協力NGOです。1987年設立)。

講座期間 

日程
第1回 10月21日(金)
難民支援協会

難民問題の歴史と現状

第2回 10月28日(金)
渡邊 彰悟(弁護士)

ロヒンギャ(東南アジア)

第3回 11月11日(金)
ワールド・ビジョン・ジャパン

南スーダン(アフリカ)
第4回 11月18日(金) 
セーブ・ザ・チルドレン
シリア(中東)

第5回 11月25日(金) 
難民支援協会

日本における支援状況と私たちに出来ること

受講者からの感想 

・ 日頃のテレビ・新聞報道程度の知識しか持ち合わせていなかったので入門編としてとてもよかったです。

・ 日本ではまだ関心のうすい「難民」について理解し、考えることができたので受講してよかったと思います。

・ 世界の難民の現状について詳しく学べて良かったです。とても貴重な経験でした。

講座の様子

1

2

3

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.