1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 公開講座
  4. エクステンション講座C1 【連携講座】海の京都DMOから見る新たな観光 ※今年度のお申込は終了いたしました。
MENU CLOSE

エクステンション講座C1 【連携講座】海の京都DMOから見る新たな観光 ※今年度のお申込は終了いたしました。

  • English
  • 日本語

C1 【連携講座】 海の京都DMOから見る新たな観光

p

講師

今井 伸二 ((一社)京都府北部地域連携都市圏振興社総合企画局長)
小西 征良 (京都府北部地域連携推進担当課長)
須賀 忠芳 (東洋大学国際観光学部教授)

日程平成30年5月19日(土)~6月2日(土)
毎週土曜日:全3回    
15時00分~16時30分(90分)
会場東洋大学白山キャンパス教室(未定) 交通アクセスはこちら
受講料

一     般:¥1,620(全3回分)
東洋大学生:¥540(全3回分)

定員50名

【講座の到達目標】

地方における地域活性化策の枠組みとして取り組んでいる、DMOに代表される新たな観光施策の概要を理解し、地域の直面する課題とその多面的なあり方について認識を深める。

講演会趣旨 

 平成28年6月に京都府北部5市2町がともに各観光協会を経営統合し、総合的な観光地経営を行う組織(一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社)が設立され、それが観光庁が進める日本版DMO法人に平成29年12月に認定を受け、様々な課題がある中で取り組みを着実に進めているところです。また、本事業のベースとなっている京都府北部地域連携都市圏構想については、人口減少、少子高齢化が進む地方都市の新たな地方創生の取り組みとして注目されており、本構想やユネスコ世界記憶遺産、クルーズ客船の寄港増加、観光振興の取り組み等が評価され、舞鶴市は本年、地方自治法70周年記念総務大臣表彰を受賞しています。
 当該講座では、京都府北部地域連携都市圏構想を元とした、「海の京都DMO」の取り組みの概要を提示するとともに、自治体の枠組みを超えた、新たな観光プロモーションの実際を講義することで、受講者に、地域における多面的特色の理解と、観光施策を通じて展開される地域活性化策の有効性について認識していただきたいと考えています。 

講座期間

日程

第1回
5 月19日(土)
今井 伸二

京都府北部地域連携都市圏構想の概要について提示し、その目的と取り組み、及び今後の課題について講義する。

第2回
5 月26日(土)
小西 征良

京都府北部地域連携都市圏構想を元に、各自治体がどのように取り組んでいるか、具体的な施策について講義する。

第3回
6 月 2 日(土)
須賀 忠芳

日本版DMOの取り組み全般について検討しつつ、先進事例としての「海の京都DMO」事業への期待と今後の課題について講義する。

申込期間:平成30年4月2日(月)~5月9日(水)必着 

1 1

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.