1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 公開講座
  4. 東洋大学ボランティア支援室オープニングイベントボランティアフォーラム2017 実施報告
MENU CLOSE

東洋大学ボランティア支援室オープニングイベントボランティアフォーラム2017 実施報告

  • English
  • 日本語

東洋大学ボランティア支援室オープニングイベント
「ボランティアフォーラム2017」を開催しました。

 

2017(平成29)年7月7日(金)、白山キャンパスにおいて、ボランティア支援室による「ボランティアフォーラム2017」を開催しました。このフォーラムは、本年4月、ボランティア支援室(甫水会館1階)が開室したことを記念して開催されたフォーラムです。主に(1)ボランティアサークル・団体の活動アピール、(2)シンポジウム「テーマ:卒業生が語るボランティア活動の魅力~ボランティア活動と就活・就職~」、(3)サークル・団体のブース出展といった豊富なプログラムで開催されました。会場となったスカイホールには、本学学生を中心に、ボランティア団体・NPOや、他大学のボランティアセンター関係者など、400名近くが参加しました。

 

シンポジウムに先立ち本学の竹村牧男学長からフォーラムへの参加に対する謝辞、ボランティア支援室開室の趣旨の紹介がありました。続いてボランティア支援室長・森田明美教授(社会学部社会福祉学科)からシンポジウムの趣旨とシンポジストの紹介があり、以下の3氏が登壇されました。

 

シンポジウムには、本学の卒業生・修了生で、現在、ボランティア活動の中核を担われている井口育紀氏(特定非営利活動法人NICE事務局長)、油井和徳氏(特定非営利活動法人山友会理事)、浦田愛氏(文京区社会福祉協議会地域福祉コーディネーター)を迎えて、ボランティア活動の魅力や学生時代にボランティア活動に取り組むことのメリットなどについて語っていただきました。

 

井口育紀氏は2004年3月に国際地域学部国際地域学科を卒業。在学中にタイでの国際ワークキャンプなどの経験を経て、大阪のホームレス支援の企業でホームレス問題の解決に従事。2008年よりNICEの中長期ボランティア主催事業に従事。数々のボランティアプログラムの企画・運営を手がけてこられました。井口氏からは、NICEの活動についての紹介と、自身の学生時代の国際交流ボランティアへの参加を思い返しながら、学生時代のグローバルな経験が今の仕事につながっていることに誇りを感じているとの話がありました。「地域に入って、動いて、人に触れてほしい。楽しむことで学業プラスアルファが人格形成につながる。失敗を恐れないで」と学生に呼びかけました。

 

油井和徳氏は2007年3月に社会学部社会福祉学科を卒業。学生時代に参加したインターンシッププログラムを経て、卒業後は東京都台東区にてホームレスや生活困窮者支援を行なう山友会に従事するようになりました。相談員、ケア付き宿泊施設の管理責任者を経て、現在は同法人の理事として活躍されています。山友会の活動趣旨についての紹介を踏まえ、「学生時代のボランティア活動を通じて、福祉施設の方や利用者などの様々な人の繋がりができる。」「個々人の価値観がさまざまな昨今。自分一人が動いてもどうせ世の中は変わらないと諦めてしまう人もいるが、安定しない世の中だからこそ、やろうと思ったことができる。」とお話しいただきました。

 

浦田愛氏は2016年3月に福祉社会デザイン研究科社会福祉専攻博士前期課程を修了。大学時代にフランス文学を学んだ後、専門学校にて介護福祉士を取得。2002年から特別養護老人ホームで介護士、相談員、2009年に文京区社会福祉協議会に転職し、現在は地域福祉コーディネーター(駒込地区担当)として活躍されています。浦田氏から「東洋大生の方は、既に地域に入ってボランティア活動を続けて来られている。フミコム(地域連携ステーション)や各大学、企業と様々なネットワークを一緒に作り出していきたい」との期待を寄せられました」との期待を寄せられました。

 

最後に、森田明美ボランティア支援室長より、「学生時代だからこそ、出来ること、失敗できることなどがあるが、活動経験は全て自分のものになっていく。この体験というものをぜひ実感として味わってほしい。」と結びました。

 

感想

・私は今年の春に就職活動をして、福祉・介護業界に就職することになりました。それから卒業までの間、何かをしようと思って、ボランティア活動をしようと考えていました。シンポジストのお話を聴いて、私は1~3年生のうちにもっとボランティアをやっておけばよかったなと思いました。卒業まで残り半年しかありませんが、ボランティアへ参加するキッカケとして参考になりました。本日はありがとうございました。

 

シンポジウムの前後では、日頃からボランティア活動に取り組む学内外の団体がそれぞれの活動をアピールしました。また、各出展ブースにおいては、活動紹介パネルの展示のほか、商品を買うことで復興支援や貧困支援へ繋げていくフェアトレードなどが展開され、大盛況のままフォーラムを終えました。

 

参加団体

学生ボランティアセンター

こまじいのうち

バリアフリー推進室

2020オリパラ連携事業委員会

NICE

国際サークルSalamat

さきちゃんち

CFF

国際教育センター

ボランティア支援室

読み聞かせ朗読会

Oriental Sky Project

森田ゼミ

山友会

 

福祉系サークルらいふ

東洋大学きゃんぱす

HEART BAZAAR

文京区社会福祉協議会

 

環境改善サークルToSKY

アカシアの木

子島ゼミ

Smile F LAOS

 

 

▼ 活動報告(1)                    ▼ 活動報告(2)

    

▼ 参加団体ブース                  ▼ フェアトレード

    

▼シンポジウム                    ▼参加団体集合写真

   b